ここから本文です

新列車、新車両、新駅……今年も話題盛りだくさん!! 「2020年注目の乗り鉄トピック」まとめ

1/20(月) 12:12配信

ねとらぼ

 早いもので、2020年も残り11カ月とちょっとになってしまいました。怠惰に過ごせばあっという間に年越しです。コタツでミカンと年越しそばを食べ、紅白歌合戦を見ながら、「あー、今年も良い旅をしたなあ」と思いたいなら、今から旅の計画を立てましょう。

【画像】グランクラス並み!? 「ひのとり」の超豪華な座席

 ちなみにワタシが楽しみにしている列車は近畿日本鉄道でデビューする「ひのとり」、そして伊豆方面にデビューする特急「サフィール踊り子」、JR九州で秋にデビューする「36ぷらす3」です。今回はそんな「2020年に乗るべき、面白そうな乗り鉄トピック」を時系列で紹介します。

【1月】新しくなった「銀座線渋谷駅」を見にいく 全線復旧予定「小湊鐵道」へ乗りに行く

○(1月3日~)新しくなった「銀座線渋谷駅」を見る

 1月3日に2020年の鉄道大イベントの1つ「東京メトロ銀座線渋谷駅移転開業」がありましたね。とても広くて使いやすい駅になりました。でも、橋の上の駅ながら、ドーム型の屋根で覆われています。表参道駅から渋谷に出るときの、「ぷっふぁぁ地上に出たぁ」という、なんだか深呼吸したい気持ちを楽しめなくなりました。ちょっと残念。プラットホームから天井を見上げたときのハート型の構体はインスタ映えしそうです。

○(~3月8日)違う意味でスリル満点の「SL大樹」に乗る

 東武鉄道の「SL大樹」に異変が起きています。通常は客車の後ろに連結されているディーゼル機関車が定期検査に入りまして、3月8日まではSLと車掌車、客車だけ、つまりSLだけで客車を引っ張ります。珍しい編成ですね。ディーゼル機関車なしで走れるなら、ディーゼル機関車の役割は何? と思います。はい。ディーゼル機関車は機関車が故障したときのバックアップ機です。ですので走行中にSLが故障したらどうしよう……スリル満点の汽車旅になりそうです。

○(~3月31日)京都エリアの各路線に乗り放題「歩くまち・京都レールきっぷ」を使う

 京都観光のおトクなチャンス。「歩くまち・京都レールきっぷ」が販売中です。京都市交通局、JR西日本、京阪電鉄、京福電鉄、阪急電鉄の京都市内のエリアで電車に乗り放題のきっぷです。1日券は1300円、2日券は2000円です。京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアムなど12施設で入館料の割り引きやプレゼントがあります。販売は2020年3月30日まで、きっぷ有効期間は同3月31日までです。

○(~2月29日)「さいたま鉄博」「わたらせ渓谷鐵道」イルミネーション巡りをする

 空気が澄んだ冬はイルミネーション巡りも楽しそうです。さいたま市の「鉄道博物館」や「JR松本駅」「JR上諏訪駅」などでイルミネーションが灯ります。特にオススメしたい場所は栃木県の「わたらせ渓谷鉄道」です。桐生駅から間藤駅まで17駅をイルミネーションで装飾。さらに沢入駅~原向駅間は車窓の渡良瀬川渓谷もライトアップします。2020年2月29日までです。

1/4ページ

最終更新:1/21(火) 21:36
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ