ここから本文です

<恋はつづくよどこまでも>佐藤健“ドSドクター”役は「難しい」 上白石萌音「いろんな胸キュンプランを健さんが…」

1/21(火) 8:00配信

MANTANWEB

 上白石さん 立て続けに怒られるシーンとか続くと、本気でみなさん心配してくれます(笑い)。

 佐藤さん 本番は1回ですけど、(リハーサルなどもあり)芝居で客観的に見ると、ずっと怒鳴り続けているんですよ。だから余計、空気的にも……(笑い)。

 上白石さん 天堂先生、今日も機嫌悪いな~って(笑い)。

 --何度も怒る芝居が続くと、演じる側としてはどういう気持ちになるのでしょうか?

 佐藤さん 正直な話、僕は芝居のどれだけ怒るかという温度感に夢中というか、これでいいのかなと集中してやっているので、「怖い」と言われると、「あ、やばい。ちょっと怒りすぎているのかな?」って不安になったり……。自分の芝居が不安になる感じはありますけどね。

 上白石さん 成功しているってことじゃないんですか?(怒る芝居の)撮影が始まったら、本当に怖いんで……(笑い)。

 佐藤さん どれくらい怒るかとか、どれくらい突き放すかというのはわりと難しいですね。

 --怒られるシーンが続くと、上白石さん自身のメンタルは大丈夫ですか?

 上白石さん お芝居の中では結構ズタボロですけど、普段の健さんは優しいので、大丈夫です!(笑い)。

 佐藤さん そうやって言うように調教しています(笑い)。

 上白石さん とっても優しいです! はい(笑い)。(天堂とは)真逆です。

 ◇七瀬の魅力は? 上白石「どこをとっても魅力的」 佐藤「いとおしいなと思える」

 --自分にも他人にも厳しいストイックな姿勢で、厳しいことも言う天堂ですが、患者さんとのやりとりで見せる笑顔とのギャップも魅力です。演じられていて、手応えはいかがですか?

 佐藤さん どっちかっていうと、まだ迷っていて……難しいです。(患者さん、同僚に対しての態度を)そんな分ける?って。ビジネススマイルじゃんって。迷いながらやっています。(作品に入ると)毎回、これでいいのかなと思いながらやっていますけど、とくに今回はマンガ原作というのもあって、リアルな人間に落とし込む必要がある。ハネ感だとか、いわゆる“キャラクター”を演じる必要がある作品なので、より迷っているというのはありますね。

2/3ページ

最終更新:2/6(木) 17:27
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ