ここから本文です

中国人民銀、最優遇貸出金利を据え置き 2カ月連続

1/20(月) 11:40配信

ロイター

[上海 20日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は20日、銀行の貸出金利の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)を据え置いた。LPRの据え置きは2カ月連続。人民銀は今月、中期貸出ファシリティー(MLF)の金利も据え置いている。

1年物LPR<CNYLPR1Y=CFXS>は4.15%、5年物LPR<CNYLPR5Y=CFXS>は4.80%と、それぞれ前月から変わらずとなった。

ロイターが前週実施した調査では、LPRが今月引き下げられるかどうかを巡り、見方がほぼ半々に分かれていた。

人民銀が15日、LPRの目安となるMLFを通じて銀行システムに流動性を供給したものの、金利を据え置いたことが背景。1年物MLF金利は現在3.25%。

人民銀は昨年8月、LPRの算出メカニズムを刷新し、銀行貸し出しの新たな指標金利とした。毎月、18の銀行の報告値に基づき算出している。

最終更新:1/20(月) 11:40
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事