ここから本文です

つるの剛士、44歳で短大生になる 保育士資格取得目指し…通信制「夢に向かって頑張る」

1/20(月) 11:34配信

デイリースポーツ

 タレントのつるの剛士(44)がツイッターで4月から通信制短大に入学すると明かした。保育士資格取得を目指すものと思われる。

【写真】頭が良くて美人 ミス日本ファイナリストに医師を志す東大生

 つるのは17日に更新したツイッターで「自分が培ってきた全てが点になりようやく線でつながり使命感に大変身」と切り出し「44歳、4月から通信制短大生になる予定です」と報告した。

 「夢に向かって卒業まで頑張ります」と約束し、「本当の戦いはこれからだぜ!」と4月からの2年間に思いを馳せた。

 つるのは、保育士資格の取得を目指すとツイッターで公言したものの、保育士試験の受験資格が自身の学歴では「ない」ことが判明。5児の父で、育児にも積極的に参加してきただけに、今後の人生で保育に関わりたいという希望があったといい、それが叶わないことにショックをにじませていた。

 もちろん専門的な知識が必要であることは重々承知。だが高卒資格以外も、納得のいかない部分もあったことから「個人的には緩和の余地はあるかと…」とも訴えていた。

 だがすぐに受験資格が変更されるわけではないことから、早速実行に移したようだ。

 通信短大で保育に関する学部であれば卒業と同時に保育士資格を取得できる。また、保育と関係の無い学部でも保育士試験の受験資格を得ることになる。

最終更新:1/20(月) 11:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ