ここから本文です

ドコモ、視聴シーンをピックアップできるグループ向け動画共有アプリ「MARKERS」提供開始

1/20(月) 23:15配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモは1月20日、動画共有アプリ「MARKERS(マーカーズ)」を提供開始した。利用料金は無料で、Android 6.0以降、またはiOS/iPadOS 12.0以降を備えるスマートフォンやタブレットに対応している(※)。同社の回線契約がなくても利用可能だ。

利用イメージ

(※)外部ビデオカメラで撮影する場合、「RTMP」規格に準拠する機器が必要

 MARKERSはスマートフォンやビデオカメラで撮影した長時間の動画を編集し、家族や友人、サークルメンバーなどで作るグループ内で共有できるアプリ。撮影・視聴中に任意のシーンへMarker(印)を付けられ、Markerを付けたシーンの頭出し再生、Markerを付けたシーンのみをつないだダイジェスト動画を作成可能。グループ内でのライブ配信をはじめ、複数のユーザーが撮影した同時刻の動画を共有すればマルチアングル視聴も行える。

 共有された動画は、5GBの個人用クラウド「マイコレクション」に保存し、時系列で整理可能したり自分だけのMarkerを付けたりできる。1グループ内で共有できる動画の総容量はグループの人数に応じて5GB~30GBとなり、動画1本あたりの容量制限はない。

 なお、ニックネーム登録から30日経過後は、「dアカウント」の登録が必要となる。

ITmedia Mobile

最終更新:1/20(月) 23:15
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事