ここから本文です

広末涼子 初体験の喫煙シーンの特訓できず「週刊誌に撮られても…」

1/20(月) 20:04配信

デイリースポーツ

 女優・広末涼子(39)が20日、都内で映画「嘘八百 京町ロワイヤル」(31日公開)の完成披露試写会舞台あいさつに登場した。

【写真】3時の母・広末涼子、みずみずしさを保つ秘けつ

 中井貴一(58)と佐々木蔵之介(51)が演じる古美術商と陶芸家のコンビが、幻の茶器を巡ってだましあいを繰り広げる“お宝コメディー”の第2作。広末は謎多き京美人のマドンナ役を務める。

 撮影では、茶道やタバコを吸うシーンにも初挑戦。タバコは喫煙経験のあるママ友に教わろうとしたが「『自宅だと子供たちが嫌がるし、近所でママが2人でタバコを吸ってたら最悪だよね、見られても週刊誌に撮られても』ということで練習は却下に」と“特訓”を思いとどまったことを苦笑いで明かした。

 共演の友近(46)からは、吐き出した、いなりずしを顔にぶちまけられるシーンの裏話も。「『友近さんにぶちまけられることを楽しみに待っていたのに』とおっしゃってたので、結構、変態なんだなと思いました」とイジられ、「そういう趣味ではないです」と笑って否定していた。

最終更新:1/20(月) 21:26
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ