ここから本文です

人気ミュージシャン 15歳娘のバイト先に突然現れるも「出ていってよ」

1/20(月) 23:20配信

デイリースポーツ

 クリス・マーティン(42)は、娘アップル(15)のバイト先を訪れ、娘に恥ずかしい思いをさせたそうだ。クリスは、元妻グウィネス・パルトロウとの間の長女であるアップルが、初めてのバイトを始めたことを誇りに思い、レジ係として働く店に顔を出したのだという。

【写真】元妻のグウィネス・パルトロウ

 しかしながら、アップルは自分の担当するレジの列に父の姿を見つけると恥ずかしい思いをしたようで「エレンの部屋」に登場したクリスはこう話している。「娘が洋服屋で働いているんだけど、これが彼女にとって初めてのバイト先なんだ。だから、すごく誇りに思ってる。この世界で自分の道を切り開いているところなんだ」「ビックリさせようと思って、そこに行ったんだ。驚かすっていうより娘に会いにだけどね。それで、そのお店で何か買った方がいいかなって思ったわけ」「だから、Tシャツを手に取って、レジの列に並んだ。ちょうど娘がレジの所にいたからね。レジ係は2人いたんだけど、娘は僕に気づくなり、『お父さん、出ていってよ』って口パクで伝えてきたよ」「悪いなって思ったから、もう一つの列に移ったんだ。Tシャツを手に、娘に脅かされながらね」

 しかし、バイト先に父親が現れたことに喜ばなかったアップルだが、それでもクリスが来てくれたことには感謝していたようで、クリスはこう続けている。「娘にキャンディを買ったから、レジの女性に『これを彼女に渡して下さい』って頼んだんだ。そしたら、帰り際にアップルが『お父さん大好き』って言ってくれたよ」。(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:1/20(月) 23:30
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ