ここから本文です

イケメンママが育児の悩み聞く、『男装ママカフェ』に賛同の声

1/20(月) 6:30配信

オリコン

 昨年9月にコンセプトカフェ「男装ママカフェはなまる園」が1日限定でオープンした。キャストとなるのは男装したママで、もてなすお客さんも育児中のママたちがメインだ。コミケやコスプレイベント等に親世代が参加するようになった昨今。育児と両立させて趣味を楽しむ風潮が少しずつ浸透しているが、まだまだ様々な課題もある。子育て中のママが“心の底から楽しめる場所”として生まれた同カフェ。ママであり現役コスプレイヤー、カフェ主催者のTerasuko代表・秋良さんにオープンのきっかけや今後の展望を聞いた。

【漫画】男装ママカフェはなまる園ができるまでを漫画化、ほか癒しを届けてくれるイケメン先生たち

■「誰かに褒められたい」という本音…自分以上に必要としている人がいる

 「娘が2歳の頃、終わりのない家事育児に疲れやプレッシャーを感じ、ママ友と会っても子どもの対応でゆっくり話も出来ない」と、日々の生活にストレスが溜まっていたという秋良さん。2017年頃、「はなまる園」の構想はTwitterにしたこんな投稿から生まれた。

『イケメンママが育児の悩みや話を聞いてくれて、フードは離乳食完備。子連れOKでキッズルームも完備!な場所があったらいいな』

 たまには誰かに褒められたいし、頑張りを認めてもらいたいという気持ちからした投稿だったが、たくさんの賛同ツイートが集まり、自分が思っている以上に必要としているママが多いと感じて、企画を本格的に考え始めたという。

 カフェのコンセプトを決める時に、最も重要視したのは“ママが心から楽しめる場所”。「執事や王子様もいいけれど、私達がママだからこそ作れる理想の空間を話し合いました」と当時を振り返る。子どもを預けることに罪悪感を感じにくく、非日常も味わえる場所として、設定は幼稚園・保育園に。園の名前には、「毎日頑張っているママにはなまるをあげたい」という想いから、はなまる園と名付けられた。

 そして、メンバーで話し合い“ママにトキメキ☆はなまる園~男装ママ先生におまかせ!”という企画タイトルに決定し、来園するママ達が安心して楽しめるよう、「男装カフェ」を選んだ。「『イケメンにドキドキするけどこのトキメキは罪じゃない』というところが、男装ママカフェの魅力だと思っています」(秋良さん)

 キャストも育児経験のあるママだから、心からの共感や、子育ての悩みにもかける言葉が見つかるようだ。企画の大枠が決まったところで、実際のオープンへ向け2月にクラウドファンティングに参加。2ヵ月で目標額の271%を達成し初回イベントが開催された。ママが子どもと離れてゆっくり過ごすために、同人イベントで託児を行なっている「にじいろポッケ」の協力を得て、完全別室託児を実現。子どもを預けてから、「男装カフェはなまる園」へ来園する流れとした。

1/3ページ

最終更新:1/24(金) 15:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ