ここから本文です

〈2020年芸能プロイチ押し新人〉TikTokで大注目の中学生、芸映所属・まいきち「アニソンを歌いたい!」

1/20(月) 8:20配信

デビュー

 雑誌の創刊から今年37周年を迎えるオーディションメディアのパイオニア『デビュー』は、毎冬恒例の大型オーディション企画『冬の特別オーディション2020』を開催中。同企画では芸能プロダクション123社の新人募集情報を一挙掲載しているが、2020年の始まりに合わせて、各社が今年プッシュしていく『イチ押し新人』をチェック。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回は芸映所属・まいきちを紹介。

【写真】芸映所属:白石聖

■芸映所属:まいきち

――デビューのきっかけは?

「TikTokを趣味で始めたら、思った以上にたくさんの人が応援してくれたことで、今の事務所から声をかけてもらいました」

――芸能界に憧れたきっかけは?

「生まれたときから、お父さんが寝るときにずっと弾き語りで歌ってくれていて、それが自分にとって楽しみになっていて、私もこんなふうに人を楽しませたり幸せにしたりできるような歌を歌いたいっていつの間にか思っていました」

――芸能のお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うことは?

「楽しいことは、自分の世界を好きなように表現できて、言葉にすると恥ずかしくて言えないことでも歌にして伝えることができることかなって思います。自分の思っていることや考えを伝えて、それを聞いて楽しんでくれる人がいるっていうのが最高だと思います。大変だなと思うことは体調管理。喉が痛くなったり、風邪で声が出なくなったりして1週間歌っていないだけで、前まで出せていた高音がでなくなっていたりするので、喉の調子を整えるのが大変です」

――今後の夢、目標を教えてください。

「いつかは絶対にやりたいことなんですが、アニメが大好きなので、アニメのオープニング曲やエンディング曲を歌いたいなって思います」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆

「中学3年生でメジャーデビューのチャンスをいただきました。今の彼女の等身大の気持ちを素直に綴った歌詞と、健やかで伸びやかな歌声にぜひご注目いただいたいです! 自分の意見をとてもしっかり持っており、周りに流されずにマイペースにたくさんのことを吸収している毎日です。優れた自己表現力に、可愛らしいルックスとフレッシュさを兼ね備えており、ネクストブレイク必至です!」

●まいきち
2005年1月30日生まれ、大阪府出身。
趣味・特技:ドラム、ギター、歌、英語、中国語。
2018年、第1回TikTok CREATOR AWARDS EXCELLENT CONTENT受賞。TikTokフォロワー97万人超えの中学3年生。現在はJOYSOUND応援大使を務めており、2月には自らが作詞を手掛けた歌でユニバーサルミュージックよりメジャーデビューが決定している。

◆芸映『冬の特別オーディション』で新人を募集中。
 デビューが、新人発掘に積極的な123社の芸能プロダクションをセレクト。審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。『冬の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

最終更新:1/20(月) 8:20
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事