ここから本文です

北海道 雪の中心は道北、道央へ

1/20(月) 18:48配信

tenki.jp

今日(20日)の道内は低気圧の通過に伴い、道東の太平洋側でややまとまった雪となりました。今後低気圧が離れるにつれ次第に雪はやみますが、かわって今夜からは気圧配置は冬型となるため、明日(21日)にかけて道北や道央などが雪の中心となりそうです。

道東の太平洋側でまとまった雪

低気圧の通過に伴って厚い雪雲が広がった道東の太平洋側では、20日午後3時までの12時間に、釧路市釧路空港で22cm、釧路市阿寒湖畔で19cm、釧路市でも17cmの雪が降りました。

この影響で釧路空港では夕方までのほとんどの便が欠航となりましたが、釧路地方などに雪をもたらした雪雲は今夜遅くには東海上へ抜け、雪も次第にやんでくるでしょう。

雪の中心は道北、道央へ

低気圧が東へ抜けた後、北海道付近は冬型の気圧配置となり、21日日中にかけて冬型の気圧配置は強まるでしょう。加えて上空には強い寒気が流れこみます。

このため日本海で発生した活発な雪雲が季節風に流され、道北や道央方面に入りやすくなるでしょう。21日夕方までの24時間に降る雪の量は、多い所で25cm、ひざ下くらいまでに達する見込みです。雪は雷を伴って強く降ることもあり、風向きによっては、札幌の中心部にも活発な雪雲が流れ込む恐れがあります。

さらに上空に流れ込む寒気の影響で、21日日中も気温はあまり上がりません。降る雪は乾いたサラサラの雪となるため、沿岸や峠付近、また開けた場所ではふぶく恐れがあります。特に交通関係は見通しの悪さに十分注意して下さい。

日本気象協会 北海道支社 持田 浩

最終更新:1/20(月) 18:48
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ