ここから本文です

中国の新型肺炎、急に大きくなっていく数字をどのように見るか?

1/20(月) 14:03配信

BuzzFeed Japan

中国の武漢で発生している新型コロナウイルスに関するニュースが増えています。そんな中で、さらに不安を広げそうな情報もでてきています。こんな時こそ、データをより慎重にみていくことにしましょう。【寄稿:今村顕史・都立駒込病院 感染症科部長 / BuzzFeed Japan Medical】

推計1723人という報告も

ロンドンの研究チームが、この新型コロナウイルスの発生が始めて報告されてから、1月12日までに武漢での患者数は推計で1723人との研究結果を発表したというニュースです。

『中国の肺炎ウイルス、感染者は1700人以上か 英大推計 米国は空港での検疫強化』

おそらく、日本の各マスコミは単純にこのニュースをそのまま掲載していくでしょう。とりあえず、このニュースの情報元となったInperial College Londonの発表についてもご紹介しておきます。

この発表サマリーのPDF版も出ています。

海外で報告された症例(タイと日本)の人数をもとに、武漢市の国際空港利用者数を利用することで、数理モデルで武漢における感染者数を推計したものとなっています。

ちなみに、この調査発表では、その推計値については427~4,471人という幅での変動も予測しています。つまり、1700人だけではなく、4000人以上となる可能性も指摘しているのです。

はたして、現時点でタイと日本での感染者数によって、全体の数を推計していいのかということは難しいところもあります。

現時点では、あくまでも推計値なので、この数値に単に驚くのではなく、そこから学ぶべきことを考えておくことにしましょう。

実際の報告数は? 人から人への感染はどれぐらい起きるのか?

武漢からは、新たに136人の感染者の発表がありました。北京と広東省でも計3人の発症者が出ており、合計数は201人になったという報道もあります。

今回の感染者には市場の利用者が多いことがわかっていますが、すでに市場を利用していない濃厚接触者からの発症も報告されています。

少なくとも多くの専門家は「ヒトーヒト感染」が全くないとは考えていません。問題は、どれくらい「ヒトーヒト感染」を起こしやすいかということです。

現時点では、「ヒトーヒト感染」は濃厚接触者を中心とした限定的なものと発表されています。

しかし実際には、軽症例がどれくらい存在するのかが明らかとなっていない、という状況でもあります。

もしも潜在的な軽症例が多いのであれば、実際の感染者数は報告よりも多くなっていきます。また、これまで考えられていた以上に、「ヒトーヒト感染」は起こりやすいということになるでしょう。

その一方で、軽症例が増えることで死亡率は低下していくことになります。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 14:03
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事