ここから本文です

2020年WRC第1戦 ラリー・モンテカルロ “混戦の幕開け”

1/20(月) 16:00配信

J SPORTS

ラリーファンの皆様。本年もよろしくお願い致します。

昨シーズンはトヨタのタナックが初タイトル獲得。2005年以来フランス人ドライバーが独占していたドライバータイトルを奪取しました。ヒュンダイは最終戦オーストラリアが大森林火災のため中止となりマニュファクチャラータイトルをとって逃げ切りました。トヨタとしては理論的に逆転可能まで追い詰めましたがイベント中止ではやむを得ません。いつヒュンダイがタイトルを取るのかここ数年注目されていましたが、一番ホッとしたのはヒュンダイのドイツにあるチームの首脳部だったと思います。何しろチーム創設以来の監督ミシェル・ナンダンを解雇してまで頑張ったのですから。

さて、本年は更に大変化がありました。シトロエン撤退と大物ドライバーの移籍です。タナックのヒュンダイ移籍はシーズン終盤頃に多少ウワサされていましたが、シトロエンの撤退はかなり急な決定でメインドライバーがオジェであるとこから大騒ぎになりました。そして残り少なくなったシートをめぐって、椅子取りゲームが始まりました。その結果、初戦のモンテのエントリーはヒュンダイがタナック、ヌーヴィル、ローブの3人。トヨタはオジェ、エバンス、ロバンペラ、勝田の4人。

そしてフォードはスニネン、ラッピ、グリーンスミスの3人となりました。昨年まで馴染みのファクトリードライバーであったソルド、ミーク、ラトバラ、ミケルセン、パッドンなどの去就は決まっていませんが、このうち何人かはそれぞれのラリーとの相性をみてどこかに出場してくると思われます。 勝田選手はモナコ、スエーデン、ポルトガル、イタリー、フィンランド、ドイツ、ウエールズ、それにジャパンの8戦に出場の予定とのことです。

ドライバー移籍劇での話題はロバンペラで19歳という若さです。もしソルベルグの息子オリヴァー君が出てくれば彼は18歳なのですがどうでしょうか。エバンスのフォードからトヨタ移籍も業界では驚きをもって受け取られました。何しろこの英国人はフォードの本拠から離れたことがなくフォード以外の車を知らないマルコム・ウィルソンの秘蔵っ子です。

今年の大きな話題は開催地の変更です。シリーズから脱落組はスペイン、オーストラリア、フランスで、新規参入(復活)はニュージーランド、サファリそれに日本です。チリはカレンダーに入っていましたが開催中止になりました。その結果13戦で2020年シーズンが開催されることになります。

もうひとつの話題はサポートカテゴリーであるRC2(WRC2,WRC3)の充実です。ヒュンダイ・フォード・シュコダ・シトロエンなどが力を入れており若手ドライバーの台頭が期待されます。世代交代が進みつつあるのでしょう。サポートカテゴリーにも選手権がかかっておりその条件は8戦以上出場(その内1戦以上はヨーロッパ外)が要求されています。
現行のWRカーの期限が21年までですからWRC2はその先を見越しているのでしょうか。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 16:00
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事