ここから本文です

セティエン初陣を勝利で飾ったバルサ 決勝点に絡んだ4選手に最高評価

1/20(月) 10:55配信

SPORT.es

FCバルセロナは、グラナダ相手に主導権を握り、新監督キケ・セティエンが期待するフットボールを披露して勝点3を積み上げた。76分にレオ・メッシが決勝点をマークした(1-0)。

バルサに“ティキ・タカ”復活の予感 驚愕のパス1005本と支配率83%

前半、バルサは戦術的変更(4-3-3→3-5-2)を行いながらセティエンが思考するフットボールを展開した。バルサが常にボールを保持していたが、グラナダの強固なディフェンスを前になかなかゴールへの道筋を見出すことができずに時間が経過していった。

後半、我慢強くトライし続けたバルサは、リキ・プッチのボール奪取からアントワーヌ・グリーズマンがフリックでアルトゥーロ・ビダルにつなぎ、最後はメッシがゴールネットを揺らして勝利した。

FCバルセロナのグラナダ戦選手評価は以下の通り。

■GK
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(6点)
『リベロ』
3試合ぶりにスターティングメンバーに戻ってきた。後方からボールに関わり、常に意図のあるプレーを披露した。ヤン・エテキのポストを叩くシュートに驚かされている。

■DF
セルジ・ロベルト(6点)
『制限』
セティエンは、セルジ・ロベルトの攻撃参加を制限している。右サイドの攻撃はアンス・ファティに一任されている一方で、守備はロベルトに一任されている。後方からのサポートに専念し、無謀な攻撃参加はなかった。監督に求められることを完全に理解している

ジェラール・ピケ(6点)
『責任感』
適当なパフォーマンスを披露した。彼の経験はバルサの新たなシステムに必要不可欠である。守備において素早く、非常にクレバーだった。

サミュエル・ユムティティ(5点)
『決断力欠如』
未だに本調子とは言えない。プレーの継続性と自信が欠けており、チームメイトのパフォーマンスレベルについていけていない。センターバックとしては許されない不安定なプレーが多々ある。幸運にもグラナダにそのミスを突かれることはなかった。本調子を早急に取り戻す必要がある。

ジョルディ・アルバ(6点)
『重要』
セティエンはアルバに左サイドの独占権を与えている。彼の勢いを止めるものは誰もいなかった。ウィングのようなパフォーマンスを見せ、幾度となく相手の脅威となった。しかし、判断の部分で若干迷いがあったようにも映った。

■MF
セルヒオ・ブスケツ(6点)
『快適』
3、4歳若返ったようなパフォーマンスを見せている。パスラインに囲まれ、ボール配給を楽しみながら、自身のポジションからチームをコントロールした。無意味に走り回ることはなく、彼の動き全てに意味が感じられている。しかし後半の複数のボールロストが好パフォーマンスに水を差した。

アルトゥーロ・ビダル(7点)
『精力的』
新監督になってもチームにはない異色のダイナミズムを披露している。最初は周りを気にし過ぎていたが、徐々に自分を表現するようになり、最終的には攻撃で最も優れたパフォーマンスを披露した選手の一人となった。エリア内でボールを受けてメッシのゴールをアシストした。

イヴァン・ラキティッチ(5点)
『衰え』
機動力に乏しく、どこか衰えを見せるパフォーマンスだった。ボールに多く触れたが、新鮮さに欠けている。

■FW
レオ・メッシ(7点)
『決意』
特権的なポジションから相手と自チームを観察しタクトを揮った。多くの決定機を演出したが、相手の強固な守備に苦しめられた部分もあった。珍しく3度のフリーキックをミスした。しかし絶大な存在感を見せ、自らのゴールでバルサを勝利に導いている。

アンス・ファティ(6点)
『適用』
右ウィングを任された。多くのプレーに関与し、休むことなくプレーした。プレスをかけ、強固なグラナダの守備の中でゴールへの道筋を見出そうと試みた。複数本のシュートを放ったがゴールネットを揺らすことはできず。

アントワーヌ・グリーズマン(7点)
『解放』
多くの攻撃ができるようにエリア内でのプレーを心がけ、攻撃の中心で自由に動いた。チームに貢献しようと試みたが、チームメイトが彼を見つけられなかった。メッシのゴールに繋がるシーンではキーとなるパスをビダルに送った。

■途中出場
リキ・プッチ(7点)
『貪欲』
出場機会を与えられ、チームメイトとの連携で自身を表現した。彼の貪欲さから生まれたボール奪取からメッシのゴールが生まれた。まさにバルサの選手と言える。

カルレス・ペレス(6点)
『ハードワーク』
残り10分でアンス・ファティと交代。汚れ仕事も全うし、グラナダに反撃を許さなかった。

アルトゥール・メロ(6点)
『復帰』
7分間プレーし、プレーする喜びを感じている。セティエンはアルトゥールに牽引役を担ってほしいを考えているだろう。

最終更新:1/20(月) 10:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ