ここから本文です

毎日のスタイリングに迷ったら…アイロンの巻き方・完全ガイド【2020年最新版】

1/20(月) 11:48配信

magacol

太アイロン、細アイロン、ストレートアイロン…どのスタイルがどのアイロンで巻いたかわかりますか?

普段のスタイリング、巻き方は、アイロンによってさまざまって知っていましたか?太いコテや、細いアイロン、ストレートアイロンなど、使うアイテムによって向いている仕上がりに違いがあるのをご存知でしたか?今回は、「ミディアム」のレングスに向けた、2020年にオススメの巻き方を、プロのヘアメークさんがご紹介します。

【1】「太めのアイロン」なら「全体にコロンとしたカールをつけるようにシンプルに巻く」

使うのは…
32mm前後の、太めのカールアイロン。ボブ~ロングまでと幅広いレングスをカバーし、最も使いやすいヘアアイロンです。アイロンを縦に使ってリバースやフォワードに巻いたり、アイロンを横に使って内巻きや外巻きにしたりと、どんな巻き方も一通りできるのがポイントです。基本的にはゆるい毛流れと、動きのあるスタイルに仕上げます。

point

□どんなレングスにも使いやすい
□オールラウンドに使うことができる
□立体的なカールを出すのに向いている
□ショートヘアには不向きかも

「太めアイロン」で「ナチュラルカールミディアム」に

Front

Back

太いアイロンを使った、いかにもな「巻き髪」は“平成”な感じがしてもう古いかも。全体にコロンとしたカールをつけたような、全方位愛されヘアが、2020年・令和のミディアムヘアのスタンダードになりそう。

「太めアイロン」での巻き方は…

1.全体の髪を、ワンカール内巻きにします。毛束はテンションをかけないように、ふんわりと巻くのがポイントです。

2.トップはアイロンを横に使い、中間から内巻きにしていきます。根元付近に立ち上がりをつけて、シルエットをバランスよく見せます。

3.最後にスプレーを内側から空気を含ませるように吹きかけます。ナチュラルさもスタイルのポイントなので、あまりカールをカリっと固定させようとしなくてOKです。

【2】「細めアイロン」なら「リバース&フォワードのミックス巻きでカール感を」

使うのは…
26mm前後の、細めのカールアイロン。細かいウェーブを作るのに最適な、一番トレンド感のあるヘアアイロンです。アイロンを内、外交互に巻いて波ウェーブにしたり、ソバージュのような細かいウェーブをつけたりと、オシャレ感を出しやすいのがポイントです。基本的には細かいカールと、雰囲気のあるスタイルに仕上げます。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 11:48
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ