ここから本文です

元女王ウォズニアッキ 全豪OP初戦突破、今大会で引退へ<女子テニス>

1/20(月) 17:05配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、女子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)がK・アン(アメリカ)を6-1, 6-3のストレートで下し、初戦を突破した。

【大坂、ウォズニアッキら全豪OP対戦表】

今大会で引退を表明しているウォズニアッキはこの日、ファーストサービスが入ったときに70パーセントの確率でポイントを獲得する。アンのサービスゲームを5度破り、1時間25分で勝利した。

ウォズニアッキは試合後に「初戦を終えて気分はいい。初戦はいつも難しいし、今回は私の最後の大会だからなおさら。たくさんの感情があるけど、うまく管理して今日はとてもうまくいったと思う」と振り返った。

「今日はどの瞬間も楽しもうとした。特定の印象というのはわからないけど、これが最後なんだと思ったときもあった。まだここから2週間もあるからわからない。でも最後の大会だからどの試合にも全力を出していく」

2回戦では第23シードのD・ヤストレンスカ(ウクライナ)とK・ユヴァン(スロベニア)の勝者と対戦する。

同日に行われた1回戦では、第3シードの大坂なおみ、第7シードのP・クヴィトバ(チェコ)、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)らが2回戦へ駒を進めた。

最終更新:1/20(月) 17:05
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ