ここから本文です

アンス・ファティが11試合ぶりのスタメン復帰!スアレスの穴を埋める活躍

1/20(月) 18:13配信

SPORT.es

アンス・ファティは、11月9日のセルタ戦から11試合ぶりにスターティングメンバーに復帰した。この若いサッカー選手はルイス・スアレスの穴を埋めるため、攻撃的なトリデンテの一部分を担った。試合開始早々から、彼はチームに貢献していった。常に精力的に動き、3つのチャンスを作り出し、グラナダ守備陣はファティへの対応に手を焼いた。しかし、79分にカルラス・ペレスとの交代を命じられた。

セティエン初陣を勝利で飾ったバルサ 決勝点に絡んだ4選手に最高評価

ファティは右ウイングでプレーした。新指揮官セティエンの攻撃システムの変更により、彼はセルジ・ロベルトの前で右サイドハーフとしてもプレーし、メッシの近くでプレーし、右サイドを上下運動する必要はあったものの、ある程度の自由が与えられた。

このポジションは彼にフィットしているだろう。なぜなら、開始早々の6分に相手キーパーに防がれるも、バルサにとって最初のチャンスを迎えた。わずか4分後、彼は再びスキを見つけ、相手ゴール前に侵入するも、彼の左足のシュートは高く浮いてしまった。

また、ジョルディ・アルバからのグランダーのクロスも、ファーサイドで詰めるも、ゴールまで数ミリメートルのところで、相手ディフェンダ―の守備に決めることができなかった。

その頃から、グラナダ守備陣はより守備陣形を盤石にし、ファティはスキを見つけることができなかった。彼は何度か持ち前のスピードで、相手ラインの裏を取るも、最終的にクロスはすべて弾き返されてしまった。

後半になると、ファティはより戦術的な任務を任された。彼は右サイドに張り付き、ピッチに幅を与え、1対1を仕掛けるようになった。クロスが相手ディフェンダーの手に当たるも、レフェリーはペナルティを与えることはなかった。また、前半のようなエネルギーはすでになかったため、スコアが有利になった後、彼はカルレス・ペレスと交代した。

SPORT.es

最終更新:1/20(月) 18:13
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ