ここから本文です

宇賀なつみアナ、池上彰からの年賀状に「一言の重みを感じた」

1/20(月) 12:57配信

AbemaTIMES

 「2020年用年賀お年玉くじ抽選会」が19日都内で行われ、お笑いコンビのスピードワゴン、フリーアナウンサーの宇賀なつみ(33)らが出席した。

 年賀状について井戸田潤(47)は、「年賀状が年1でも届くと、繋がりを感じて心の温かみが出るというか、すごく大事だと思います」とコメント。小沢一敬(46)は、「子供の頃、年賀状に詰将棋を書いてクライスメイトに送ってたんです。でもみんなが詰将棋得意じゃないから答えが返ってこなかった」と物哀しいエピソードを語った。

 宇賀アナは、「ジャーナリストの池上彰さんからの年賀状に、フリーランスを『満喫してください』と一言書いてあった。この満喫というのはただ楽しむのではなく、たぶん良い事も悪い事もきちんと噛みしめる、そういう意味も含まれているんじゃないかなと想像したりして、ちょうど一年前の春に独立の報告をしたことを思い出しながら、その一言の重みを感じました」と話した。

 現金30万円や様々な特産品が当たる毎年恒例のお年玉くじ。今年は特賞として東京2020オリンピックの観戦チケットが用意されている。
 
 1等30万円が当たったらときの使い道について井戸田は、「ハンバーグ師匠でYouTube始めたんですけど、機材丸々買ったら40数万円したのでそれの補填に」と答えると小沢も、「僕もYouTube始めたんですが、機材買ってないので機材買います」と、YouTubeにも力を入れていることを明かした。一方で宇賀アナは、「フリーランスになったのでとりあえず貯金します」と堅実な姿勢を見せた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:1/20(月) 12:57
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事