ここから本文です

バルサBの9番アベル・ルイスがスポルティング移籍へ秒読みか

1/20(月) 21:03配信

SPORT.es

トディボがドイツのシャルケ04へ移籍したため、この冬の市場でアベル・ルイスがFCバルセロナを離れる2番目のプレーヤーになるだろう。

若手3選手を積極起用 バルサユース出身の8人がピッチに立つ

アベル・ルイスは、ポルトガルのスポルティングへの彼の移籍を確定させており、契約は数時間で確定するだろう。スポルティングと同選手は、ここ数日交渉を進めており、両者の距離は近くなっている。両クラブは、6月30日以降も続く契約にも同意しており、その意図は、バルサBのストライカーが来シーズン、ポルトガルでプレーすることである。クラブ間で、いまだ食い違いは存在するも、購入および買戻しオプションの数字にクラブは同意する必要がある。契約は締結されていないが、交渉は順調である。

ここ数週間、アベル・ルイスには様々なクラブから関心が寄せられている。バレンシアもそのクラブの中の一つだが、バレンシアは夏に完全移籍の形を望んでいるため、バルサが求める数字や条件を認めることはできないだろう。アベル本人にとっても、地元であるバレンシアに帰ることは魅力的であったが、彼のキャリアのためにはポルトガルへ行くべきということを理解している。また、フランスのモンペリエも他のクラブより一際、彼に興味を抱いている。

したがって、この日曜日の試合がアベル・ルイスがチームメイトとの最後の試合となるだろう。ルイス・スアレスの負傷のため、彼はトップチームの練習に参加したが、試合に召集されることはなかった。

SPORT.es

最終更新:1/20(月) 21:29
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ