ここから本文です

アジア最大級のスラム街「ハッピーランド」に見る障害と貧困、そして教育 “障害者を隠す文化”今も根強く

1/20(月) 15:40配信

AbemaTIMES

 アジアで最も権威がある賞レース「アジア・テレビジョン・アワード」で報道キャスター部門優秀賞に選出された作家の乙武洋匡氏。授賞式が行われたフィリピンの首都マニラは高層マンションが続々と建設され街中が活気に満ち溢れていた。しかし、これはあくまで国の表の顔。実はフィリピンの大多数は貧困層で、障害者への対応も進んでいないのだという。

【映像】障害者を隠す社会スラム街の現実

 そこで乙武氏が訪ねたのが、マニラの中心地からほど近い場所にあるスラム街「ハッピーランド」だ。東京ドームおよそ5つ分の面積があるアジア最大級のスラムで、大量のゴミや汚物に囲まれ、下水処理も施されておらず、飢え・売春・暴力という負の連鎖が犯罪の温床になっている場所だ。

 現地の人でさえ、近寄ることをためらう危険地帯。フィリピンで炊き出しなどの支援を行う「FAITH」の大村真理彩氏によると、タガログ語の“ハピラン(ゴミ屋敷”と、“ゴミがあることが幸せ”という現実への皮肉が込められたネーミングなのだという。そう、この地域の住人たちにとっては、ゴミは1kgあたり、日本円にして10円ほどの現金に換えることができる、いわば“宝の山”なのだ。

 そして人々が食べているのが、「パグパグ」だ。捨てられたファーストフード店の残飯の中から鶏肉などを集めて水洗いし、再び油で揚げて味付けしたもの。ご飯とセットで、約50円で売られている。多くの住民が1日1ドル未満で生活しており、こうした食事が命を繋ぐ貴重な存在なのだ。「本当に臭いもきついし、ハエもたかっている環境。それにも関わらず人々の表情は割と明るい。これが当たり前になってしまっているのかな…」(乙武氏)。

■貧困から抜け出せるよう大学進学を目指す障害者の青年

 そして乙武氏が知りたいと考えていたのが、フィリピンの障害者問題だ。世界保健機関(WHO)の統計によれば、開発途上国における障害者の割合は約15%。しかしフィリピン政府は自国の障害者率を1.57%としている。「そもそも出生届を知らない」「望まぬ出産も多く父親が分からないため」「“障害は恥”という考えから隠したい」といった理由から、出生届すら提出されていない障害者が数多く存在するためだ。

 また、フィリピンの身体障害者のうち、約41%はポリオウイルスの後遺症による手足の麻痺があるという。ワクチンで防げる感染症だが、経済的にワクチンを打つことのできない人々は少なくない。

 「舗装もされておらず、車いすを持ち上げてもらわないと通れない場所もあった」。そんなハッピーランドで出会ったのが、両足に障害を持って生まれたジョナサン君(18)だ。窓ガラスもない簡素な建物で、9人の家族と暮らしている。「生活が苦しく、母は祖母から“子ども産むならあなたを殺す”と言われた。怖くなった母は、僕を産まないために薬を飲んだんだ」。しかし中絶は失敗、胎児だったジョナサン君は薬の影響を受けてしまったのだという。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 15:40
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事