ここから本文です

NHK大河「麒麟がくる」初回視聴率は19.1% 4年ぶりの水準に回復

1/20(月) 11:04配信

中日スポーツ

 19日に始まったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回視聴率(総合テレビ)が関東地区では19・1%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。初回に限れば2016年の「真田丸」以来の19%台復帰で、昨年の「いだてん」より3・6ポイント上昇した。

【写真】人妻橋本マナミ「攻めます!」

 関西地区は19・3%、名古屋地区は20・6%だった。

 「麒麟―」は俳優の長谷川博己が演じる明智光秀を主人公に、戦国武将たちを描く群像劇。放送開始にあたってNHKの落合将制作統括は「光秀の波瀾(はらん)万丈な人生を1年間あたたかく見守っていただければ」とコメントしている。

最終更新:1/27(月) 16:48
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事