ここから本文です

子育てママは「やりたい仕事」に就けない現実。条件を優先せざるを得ない環境は変わる?

1/20(月) 20:15配信

LIMO

共働き家庭が増え、女性が仕事をするのも当たり前となった現代。仕事をするのが当たり前といっても、「やりたい仕事に就けるか」はまた別の話です。

特に子どもがいる女性は、自分がやりたい仕事よりも、「残業なし・土日祝日休み・急な欠勤OK」といった条件を重視する人が多く、また実際に採用されにくくもなります。

女性で子どもがいてやりたい仕事ができるということは、まだまだ「ぜいたく」な時代なのです。

一方で、今年4月には「同一労働同一賃金」が施行され、仕事や雇用に関する環境が変化しつつあります。人生100年時代の今、条件のみでの仕事選びだけでなく、やりたい仕事についても考えていく方が良いでしょう。

今の30~40代は70歳まで働く可能性も十分にあり

国は年金支給開始年齢を70歳に引き上げる議論をしています。少し前には、「老後2000万円が必要」という報告も話題になりました。

現在30代の筆者の周囲では、老後は年金だけで暮らすことができると思っている人はいません。「私たちの世代は70歳まで仕事をするかもしれない」という認識が一般的で、よく話題にのぼります。

個人差はありますが、30歳前後で出産し、子どもが小学生高学年になる40代前半まで子育てに集中すると考えると、本格的に仕事ができるのは45歳以降。それでも、70歳までと考えると25年は働くことになります。

もちろん人生は仕事だけではありませんが、1日の約3分の1、週5日を仕事に費やすわけですから、「自分のやりたい仕事をしたい」というのは自然な感情でしょう。

育児世代は条件最優先の仕事選びに

やりたい仕事に就きたいと思っても、小学生以下の子がいる母親が就活をする場合、基本的には「土日祝休み、17時まで、休みやすい、家の近くの職場」などの条件を最優先にして仕事を決める人が多いものです。

夫や実家の協力があればこの限りではありませんが、頼れない人は多いでしょう。

やりたい仕事がこの条件に合えば良いですが、そうはいかないことが大半。たとえばウェブ系の職種に就きたいと思っていても、就業時間は18時以降が多く、残業も必要な業種。母親である10年近くは、就きにくい仕事になります。

結局、上記のような仕事の場合、一般的に雇用形態はパートになります。パートを募集している業種や職種も絞られ、「やりたい仕事は二の次三の次で、条件さえ合えば満足しなければならない」と思う就活が育児世代には多いのです。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 23:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ