ここから本文です

年初めアラフォーの女子会「専業主婦」「ワーママ」「シングル」3人それぞれ「お金の悩み」

1/20(月) 18:45配信

LIMO

お正月休みが明けた翌週の週末、とあるファミレスの一席で、40代前半の女性グループがランチをしていました。食事をしながら、おしゃべりに興じているのは、専業主婦K子、ワーキングマザーのY美、シングルのH。3人は高校時代からの仲良しグループです。

この記事の写真を見る

年末年始は義実家や実家への帰省、たまった用事の片付けなどで忙しい日々を過ごした3人ですが、ようやく「日常」が戻ってきて落ち着いたということで、新年会を兼ねた、ささやかなランチ会を開いたというわけです。ひととおりの互いの近況報告の後、話題は、それぞれが今、気になっている「お金」のことに。

さて、年末年始を機会に彼女たちが考えることになった「お金の話題」とは、どんなことだったのでしょうか? 少し耳を傾けてみましょう。

専業主婦K子が考えたこと:お年玉

「お年玉の金額でいつも悩む。」というのは、結婚と出産が30代後半と少々遅めだった、現在は専業主婦のK子。彼女の子が小学生なのに対し、20代で結婚した兄の子たちは大学生と高校生。一方のご主人側の甥っ子姪っ子も全員が中学生以上のため、いくらぐらいが妥当なのかをいつも悩むのだそう。また、今年は「まだ学生だから」と、兄の子の大学生にもお年玉をあげたものの、その子も来年は成人式。あげ続ければ家計にも響くし、「いつまであげたらいいんだろう?」と、疑問に思っているのだとか。

すると、高校生の子の母であるY美が言いました。「うちは、親戚間で暗黙の了解があるよ。小学校低学年までは1000円、高学年は3000円、中学生~高校生は5000円。それ以降は、就職した子はあげる側になり、進学した子は19歳まではふつうにあげて、20歳のお正月には『成人祝い』として多めに包んで、それが最後、ってことになってるよ。」

Y美のように親戚間での取り決めがある場合は、それに従うのがベストですが、特にルールはないというおうちの場合は、ちょっと悩ましいこのお年玉の金額問題。では、ここで、昨年末に住信SBIネット銀行株式会社が、昨年末に実施した「お年玉に関する意識調査 2020」の結果から、世間の相場を見てみましょう。

・小学校低学年 3,000円
・小学校高学年 5,000円
・中学生 5,000円あるいは10,000円
・高校生以上 10,000円

ちなみにあげる側の平均支出額は、26,642円(前年度は26,166円)で、平均3.9人(前回3.8人)だそう。意外に少ないような印象も受けますが、それでも少々痛い出費であると感じている人は多いのかもしれませんね。

1/2ページ

最終更新:1/20(月) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ