ここから本文です

投資で失敗するのはこんな人…失敗4パターンから学ぶ、意外な落とし穴

1/20(月) 19:15配信

LIMO

資産運用は手軽で身近な存在になってきています。株式や債券、国債や社債、FXや仮想通貨など、幅広い金融商品があり、巨額の資産を有する人は必ずと言っていいほど資産運用を行っています。

しかし一般の人がボーナスなどを元手に株式投資を始めてみると、「こんなはずではなかった」という状況に陥ることがあります。投資の失敗エピソードや、手堅く投資する方法について改めて考えてみましょう。

[1]株主優待を目当てに投資をしたが、株価が大きく低下した

株主優待のある株を選んで購入している方もいるでしょう。株主優待には、各社、非常に魅力的な商品やサービスが取り揃っています。その企業の優待サービスを気に入っているから、株価の変動にかかわらず長期で保有したい、という方もいるはずです。

その一方で、株主優待で〇〇が付いてくるから株を買った、という方もいます。その場合は、優待と株価のバランスをよく検討しておくべきでしょう。優待サービスを得たいために高めの株価でも購入してしまうと、メリット分が帳消しになってしまうくらいの売買をしてしまうこともあります。

[2]目論見が外れ「信用取引」で大きく損をした

投資の中でも信用取引が気になる方もいるのではないでしょうか。「信用取引」とは、自分の資金を担保(委託保証金)にして、元手以上の取引を行う投資方法です。

信用取引では、株価が上昇すれば、自己資金のみの投資よりも多くの利益を得ることができますが、下落した際には損失額も膨らむことになります。資金を借りて投資をしている状態ですので、適切な対策を講じていない場合は、「追証(おいしょう)」とよばれる追加保証金が必要となる場合もあります。

このように、信用取引での資産運用には大きな可能性と莫大な損失を負うリスクの両方が含まれていることをしっかり認識しておく必要があります。通常の運用とは違い、「投資に失敗をして借金が膨らんだ」ということが起こり得るのです。

[3]値動きの大きい株に投資をして、損した

株式投資で、値動きの大きい株に注目が集まることがありますね。株価の振れ幅の大きさを「価格変動リスク」と言います。短期間での値動きが大きくリターンが大きいため、話題に上りやすいという面もありますが、その反面、値下がりによる損失を被るリスクも高くなります。

値動きの大きさに目をつけて購入する場合は、その銘柄の履歴や株価上昇の原因などを把握しておく必要があるでしょう。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事