ここから本文です

ミニ/マイクロLED、米家電見本市「CES」に展示多数

1/20(月) 20:20配信

LIMO

本記事の3つのポイント

 ・ CESでもマイクロLEDの展示に注目が集まる。価格はまだ高価だが、参入企業の拡大でコストダウンや技術力の向上に期待
 ・ サムスン電子は家庭用にマイクロLEDテレビを発売すると発表。2020年下期に商品化する予定で最大150インチまで対応
 ・ 日本企業では、ガラス基板加工メーカーの倉元製作所がマイクロLEDディスプレーのコンセプトモデルを出展

この記事の写真・図表を見る

 1月7~10日に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES 2020」では、次世代ディスプレー技術として期待を集めるミニ/マイクロLEDディスプレーに関する発表が相次いだ。

 ミニ/マイクロLEDディスプレーとは、既存の液晶や有機ELと異なり、画素に発光する半導体であるLEDを採用したもので、高い輝度とコントラスト(明暗比)、低消費電力や広い視野角が実現できる。効率のよい量産技術の確立が難しく、価格は液晶や有機ELに比べてまだまだ高価だが、世界中のメーカーの参入によって、さらなる低コスト化や技術力の向上が加速しそうだ。各社の発表内容をまとめた。

サムスンが家庭用に商品展開へ

 韓国のサムスン電子は、家庭用に「モジュラー型マイクロLEDテレビ」を発売すると発表した。2020年下期に商品化する予定で、75インチ、88インチ、93インチ、110インチ、150インチをラインアップする。ピーク輝度は5000ニットと明るく、赤緑青(RGB)のLEDを搭載したモジュールをタイリングして画面を構成するため、ユーザーの要望に応じてサイズや縦横比をカスタマイズすることもできるという。映像ソースを問わず、ディープラーニングによるアップスケーリング機能を活用して、最高品質のコンテンツを提供していく方針だ。

 同社はCES 2018で146インチの4KマイクロLEDテレビ「The Wall」を初公開し、「世界初のコンシューマー用モジュラーテレビ」として紹介した。この際に使用したLEDチップのサイズは「マイクロ」ではなく「ミニ」だったが、CES 2019で75インチのマイクロLEDディスプレーを披露。19年には商業用の「The Wall Professional」、家庭用ホームシネマ市場を狙った「The Wall Luxury」を発売してきたが、いよいよ一般民生用にも商品を投入することになった。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 20:20
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ