ここから本文です

GRAPEVINE、3年ぶりの対バン形式ライブハウス・ツアー「GRUESOME TWOSOME」今年4月末から開催決定

1/20(月) 17:10配信

E-TALENTBANK

2019年には15作目のオリジナルアルバム『ALL THE LIGHT』をリリースし目覚ましい活躍を見せたGRAPEVINEから、2020年のファースト・ツアーの報せが届いた。

2017年に行った対バン形式のライブハウス・ツアー「GRUESOME TWOSOME」を3年ぶりに開催決定。4月末から全国8箇所で、多彩なゲストを招いてライブを繰り広げる。

通算15作目となるニューアルバム『ALL THE LIGHT』を昨年2月にリリースしたGRAPEVINE。バンドのニュー・フェーズ突入を告げた本作は、音楽メディアによる2019年末の音楽関係者によるベストアルバム企画などに軒並みランクインするなど1年を通して大きな反響を呼んだ。

アルバムを携えて実施されたツアー「GRAPEVINE tour2019」も大盛況で、ホールを含む秋ツアーも実施するなどこれまで以上に精力的に活動。ロックシーンにおいてその存在感をますます強めている。

2020年に入り、GRAPEVINEはSuchmosが主催する「The Blow Your Mind TOUR 2020」ツアーの対バンゲストとして出演が決定したほか、SPACE SHOWER TVが主催する東名阪Zeppツアーイベント「LIVE HOLIC extra vol.4」、「ビクターロック祭り 2020」「ARABAKI ROCK FEST.20」への出演も発表されていて、2020年の幕開けとともに精力的なライブ活動をスタートしている。

そんな中、GRAPEVINEによる2020年のファースト・ツアーの開催がアナウンスされた。2017年に行った対バン形式のライブハウス・ツアー「GRUESOME TWOSOME」を、3年ぶりに再開。4月末から全国8箇所で、多彩なゲストを招いてライブを繰り広げる。

本日発表の第1弾ゲストは、Tempalay(新潟・札幌公演)、ORIGINAL LOVE(仙台公演)、People In The Box(福岡・高松公演)、和田唱(TRICERATOPS/広島公演)というラインナップ。旧知のアーティスト、初顔合わせのバンドなど、一筋縄ではいかない対バン相手との競演が見られるのが「GRUESOME TWOSOME」の魅力。キャリアやフィールドは違えど、時代の空気を変え、新しい価値観を生み出しているミュージシャンがGRAPEVINEの元に集った。後日予定されている第2弾ゲスト発表も楽しみに待ってみてはいかがだろうか。

株式会社イータレントバンク

最終更新:1/20(月) 17:10
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ