ここから本文です

環境に優しい電動バイクで郵便配達! ホンダの電動二輪車導入へ

1/20(月) 17:40配信

くるまのニュース

環境に配慮し、郵便配達に電動バイク導入

 ホンダと日本郵政は、郵便配達業務で使用する電気二輪車として、ホンダの電動二輪「BENLY e:(ベンリィ イー)」を導入すると合意しました。

郵便配達のバイクが電動化! どんなバイクか画像でチェック

 これは、2017年3月23日に、両社が協業に関して締結した覚書に基づき、郵便配達業務において、現行の二輪車に替わる電動車両を用いた社会インフラ整備に向け、検討を続けてきたものです。

 郵便配達業務で使用されるベンリィ e:は、スクータータイプの電動バイクです。バッテリーは脱着式で、チューブレスタイヤを使用し、地球環境に配慮した企業活動の一環として、持続可能な郵便・物流事業を推進することが期待されています。

 まずは2019年度中に200台を導入する予定で、2020年1月より新宿、日本橋、渋谷、上野郵便局の4局から使用を開始。

 東京都をはじめとした首都圏の近距離配達エリアに配備するとともに、一部の地方主要都市の郵便局にも配備されます。

 さらに2020年度中には、業務での実用性を鑑みて2000台程度の導入を検討。これにより、東京都内における郵便業務用二輪車の2割が電動バイクとなる見込みです。

くるまのニュース編集部

最終更新:1/20(月) 17:40
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事