ここから本文です

リバプール戦欠場のラッシュフォードが疲労骨折 スールシャール「通常6週間で完治するが…」

1/20(月) 10:15配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの負傷情報を明らかにした。イギリス『BBC』が報じた。

ユナイテッドは19日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節のリバプール戦に臨み、0-2の敗戦。第21節のアーセナル戦以来、2試合ぶりの黒星となり、今節の他会場で同じく敗戦の4位チェルシーとの差を縮めるチャンスを逃した格好だが、それよりも気になるのは遠征メンバーに含まれなかったラッシュフォードの状況だ。

今シーズンの公式戦31試合に出場して19得点(5アシスト)を叩き出すラッシュフォードは、15日に本拠地で行われたFAカップ3回戦再試合のウォルバーハンプトン戦に途中出場したものの、負傷交代。スールシャール監督はリバプール戦後、そのイングランド人ストライカーについてこう述べ、当面の離脱を示唆したという。

「たいてい6週間で完治するケガだが、私は医者じゃない。(背部の)疲労骨折だ。ウォルバーハンプトン戦でやってしまった。以前から抱えていたわけじゃない。しばらく離脱することになる」

なお、そのラッシュフォードを巡っては、イギリス『ガーディアン』から2~3カ月の離脱見込みが指摘されるなど、スールシャール監督が示唆した治癒期間以上の離脱を強いられる可能性も浮上している。

そうなれば、今冬の移籍市場でラッシュフォードに代わるゴールゲッターの獲得も考えなければならない。スールシャール監督はその可能性について問われると、次のように話している。

「夏までを凌ぐための短期的な取引を検討するかもしれない。必至に新たなストライカーを求めているわけじゃないが、我々にフィットする、適切な選手がいれば動くかもね。我々には試合に出たくてウズウズしている選手もいるがね」

超WORLDサッカー!

最終更新:1/21(火) 21:16
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ