ここから本文です

Gネヴィル氏、首位と勝ち点差30の古巣に言及「マンUには5~6人が必要」

1/20(月) 23:42配信

SOCCER KING

 かつてマンチェスター・Uのキャプテンとして活躍したギャリー・ネヴィル氏が、古巣のチーム事情について言及した。20日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 19日に行われたプレミアリーグ第23節リヴァプール戦で0-2の黒星を喫したマンチェスター・Uは、これで首位と勝ち点差30をつけられる状況となった。試合後G・ネヴィル氏は、同試合を観戦しての印象や古巣のチーム事情について以下のように語っている。

「マンチェスター・Uは、もっと素早くリヴァプールに対応しなければならなかった。フィジカル的にもそうだし、頭脳的な部分でもね。相手に圧倒されてしまった。今日ここに来ているマンチェスター・Uの関係者たちが、選手やファンの痛みを感じていることを願うよ」

「今、中盤は難しい状況だね。ポール・ポグバは手術を受けたばかりだし、スコット・マクトミネイも離脱中だ。とはいえ、(マーカス・)ラッシュフォードの負傷によりセンターフォワードにも補強の必要性が高まったと思っている」

「そして以前から引き続きセンターバック、レフトバック、サイドプレーヤーの補強が必要だろう。つまり、マンチェスター・Uがトップと争うには5~6人の新しい選手が必要ということなんだ」

 果たしてマンチェスター・Uは今後どのような補強戦略を見せるのか、ピッチの外にも注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:1/20(月) 23:42
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事