ここから本文です

リバプールがマンUの猛攻耐え凌いで13連勝!南野はプレミアデビューならず

1/20(月) 3:26配信

ゲキサカ

[1.19 プレミア第23節 リバプール2-0マンチェスター・U]

 19日、プレミアリーグ第23節がアンフィールドで行われ、FW南野拓実の所属するリバプールとマンチェスター・ユナイテッドが激突し、リバプールが2-0で勝った。ベンチスタートの南野に出番はなく、プレミアデビューはお預けとなった。

 20勝1分で首位につけるリバプールは4-3-3を採用。守護神はアリソン・ベッカー、最終ラインは右からトレント・アレクサンダー・アーノルド、ジョー・ゴメス、フィルヒル・ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソンと並んだ。アンカーにジョーダン・ヘンダーソン、インサイドハーフにアレックス・オクスレード・チェンバレンとジョルジニオ・ワイナルドゥムが入り、3トップはモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネとお馴染の3人が並んだ。

 今季プレミアで唯一、リバプールと引き分けているユナイテッドは3-4-1-2を採用し、GKにダビド・デ・ヘア、3バックは右からビクトル・リンデレフ、ハリー・マグワイア、ルーク・ショーが入った。ウイングバックは右にアーロン・ワン・ビサカ、左にブランドン・ウィリアムズ、ボランチにフレッジとネマニャ・マティッチ、トップ下にアンドレアス・ペレイラが入り、前線はダニエル・ジェームズとアントニー・マルシャルが2トップを組んだ。なお、FWマーカス・ラッシュフォードは帯同メンバーから外れ、ベンチに入っていない。

 互いに前線からボールホルダーにプレッシャーをかけるなど、積極的な入りをみせたノースウェスト・ダービー。特にユナイテッドはいつもの4-2-3-1ではなく、3バックの布陣に変え、ワン・ビサカとウィリアムズの両ウイングバックが高い位置を取って、リバプールのサイドバックの攻撃参加をブロック。さらに最終ラインからロングパスを出させないように、2トップのD・ジェームズとマルシャルがセンターバックにプレッシャーをかけ続けた。

 だが、先手を取ったのはリバプールだった。前半14分、A・アーノルドの右CKからファン・ダイクがヘディングシュートを叩き込み、先制に成功する。さらに24分、左CKの流れからPA左でマネがボールを奪い、フィルミーノが右足シュートを沈め、ゴールネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入により、その前のシーンでファン・ダイクにGKデ・ヘアへのファウルがあったとして得点は認められなかった。

 徐々にユナイテッドのプレスに慣れ、両サイドバックの攻撃参加、自陣からの精度の高いロングパスも出始めたリバプール。前半35分、PA左手前でフィルミーノがヒールで後方へ落とし、チェンバレンのスルーパスからワイナルドゥムが抜け出して右足シュートを決めるもオフサイドの判定。45分にはサラーのスルーパスからマネに決定機が訪れたが、左足シュートはGKデ・ヘアのファインセーブに阻まれ、前半は1点にとどまった。

 一方のユナイテッドは前半40分にマルシャルがチーム最初のシュートを放つと、前半終盤にゴールに迫るシーンを作っていく。41分、対角線の浮き球パスに反応したワン・ビサカがPA右から中央へ折り返し、A・ペレイラが体を投げ出す。相手DFは反応できず、フリーで飛び込んだ形だったが、わずかに合わなかった。

 後半に入ると、立ち上がりからリバプールが猛攻。まずは2分、スルーパスで左サイドを抜け出したロバートソンの折り返しをサラーが合わせたが、軸足に当たってしまい、枠を外れる。4分には、フィルミーノのパスを受けたヘンダーソンがペナルティーアーク内に侵入して左足を一閃。強烈なシュートだったが、GKデ・ヘアの手を弾いて右ポストを叩いた。

 猛攻を耐え凌いだユナイテッドにも決定機。後半14分、左サイドからマルシャルがA・ペレイラとのワンツーでPA左へ侵入し、フリーで右足を振り抜く。完全に崩した形だったが、ゴール上にふかしてしまい、同点のチャンスを逃した。ユナイテッドがボールを保持する時間を増やしていくと、リバプールは21分にチェンバレンを下げてMFアダム・ララナを投入した。

 一方、同点に追いつきたいユナイテッドは後半29分に2枚替え。A・ペレイラとウィリアムズに代え、MFフアン・マタとFWメイソン・グリーンウッドをピッチに送り込んだ。しかし、押し込む時間が続くも決定力に欠けるユナイテッド。この状況を見て、リバプールのユルゲン・クロップ監督はマネとフィルミーノを下げ、FWディボック・オリギとMFファビーニョを送り込み、中盤の枚数を増やした。

 1-0のまま時間が進んだが、リバプールは後半アディショナルタイム3分、ユナイテッドのCKからGKアリソンが前線へ絶妙なパントキック。これに反応したサラーが左足で沈め、勝負あり。リバプールが2-0で完封勝利をおさめ、13連勝を飾った。

最終更新:1/20(月) 4:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ