ここから本文です

中村倫也、変人のイケメン探偵に 4月期「美食探偵」で約13年ぶり連ドラ主演

1/21(火) 5:00配信

シネマトゥデイ

 俳優の中村倫也が、「海月姫」「東京タラレバ娘」などの東村アキコの漫画に基づく4月期ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系・毎週日曜22:30~23:25※放送開始日未定)で約13年ぶりに連ドラ主演を務めることが21日、同局より発表された。中村演じる、容姿端麗だが変わり者の探偵が類まれなグルメ知識を駆使して殺人事件を解決していくサスペンスで、衣裳のスーツは中村が生地選びから参加し、スタッフと共に作り上げたオーダーメイド。中村は「原作を読ませていただいて、ようこんな見目麗しい、整った役を薄顔の男に持ってきたな……と(笑)。出来る限りの工夫とあふれんばかりのパッションでなんとか乗り切ろうと思っています」と意気込みを語っている。

かわいすぎ!中村倫也の女装姿【画像】

 原作は、コミック誌「ココハナ」(集英社)で連載中の「美食探偵-明智五郎-」(単行本5巻まで発売中)。中村演じる明智は表参道に事務所を構え、端正なルックス、優雅な物腰、抜群の推理力を備えながら、独特の口調で周囲をかき回す美食家の探偵。個性的なウェービーヘアとループタイがトレードマークで、一流デパート・扇屋百貨店社長の御曹司でもある。明智のほか、明智に助手扱いされさまざまな事件に巻き込まれる移動弁当屋の小林苺、明智と対立しながら惹かれ合う美しき殺人鬼“マグダラのマリア”らが登場する。

 昨年7月期ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の人たらしの青年ゴン役などで話題を呼んだ中村だが、連続ドラマの主演は2007年放送の「ハリ系」(日本テレビ系※当時は中村友也)以来2度目、ゴールデン・プライム帯(19時~23時)では初となる。中村は「このドラマは、殺人を犯す動機や切り口が今までのミステリーと違うところが見どころですね。また、生身の人間ならではの会話のテンポを大事にしながら、ポップで楽しげなところから、急におどろおどろしい面を見せるなど、想像できない変化をしていく作品にしていけたらと思っています」とドラマの見どころについてコメント。

 脚本は「トクサツガガガ」(NHK・2019)や「女子高生の無駄づかい」(1月24日スタート、テレビ朝日系)などの田辺茂範。演出をドラマ「白衣の戦士!」(2019・日本テレビ系)、ドラマ・映画「ブラック校則」(2019)などの菅原伸太郎らが務める。(編集部・石井百合子)

最終更新:1/21(火) 12:04
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事