ここから本文です

日本は7位、韓国が9位。世界で最も「強い」国ランキング[2020年版]

1/21(火) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

米誌「USニューズ&ワールドレポート」が、世界で最も「強い」国のランキングを発表した。

【全画像をみる】日本は7位、韓国が9位。世界で最も「強い」国ランキング[2020年版]

アメリカやロシア、中国など上位は不動だったもの、ランキング10位以下の順位は、世界の不安定化や政治的変化を背景に入れ替わった。

「世界で最も強い国ランキング」は、USニューズ&ワールドレポートが毎年発表している「ベストカントリー(最高の国)」ランキングの一部。世界の約2万1000人を対象に行ったアンケート調査の結果から、政治力、経済力、軍事力、国家としての影響力を総合して決定される。

同誌の評価コメントと合わせて見てみよう。

第25位 エジプト

USニューズ&ワールドレポートは同国を「世界で最も早く成立した、偉大な文明」と評する。2019年の29位から4ランクアップ。

第24位 ブラジル

2019年の30位から一気に6ランクアップ。国土が広く、旅行者にとっても魅力的な国だが、いろいろ物議を醸(かも)しているジャイル・ボルソナロ大統領のもと、貧困や不平等、ガバナンスの欠如や環境の悪化など、混迷を深めている感もある。

第23位 ノルウェー

2019年の27位から5ランクアップ。

第22位 シンガポール

2019年の20位から2ランクダウン。東南アジアの活気にあふれる主要都市。少ない雇用者数から高い国内総生産(GDP)を生み出すことで、シンガポールは世界で最も裕福な国の1つたり得ている。

第21位 オランダ

2019年の26位から5ランクアップ。

第20位 スウェーデン

2019年の21位から1ランクアップ。実はEU内では広い国土面積をもつ国の1つ。

第19位 スペイン

2019年の23位から4ランクアップ。USニューズ&ワールドレポートは、植民地時代以降の世界(のスペイン語圏)への影響力の大きさを特記している。

第18位 カタール

2019年は24位、6ランクアップ。国土の狭さに対して大きな資産を抱える国。石油と天然ガスのおかげで、世界で最も裕福な国の1つだ。

第17位 イタリア

2019年は18位、1ランクアップ。年間約4000万人の観光客が訪れる国。

第16位 トルコ

2019年は16位、順位に変動なし。USニューズ&ワールドレポートは、「アジアとヨーロッパをつなぐ、他にはない文化の交わりがある国」と評する。ただし、「軍部を味方につけた世俗主義政権と、拡大を続ける宗教的勢力との間で権力闘争が10年以上続いており、政治的安定性に不安がある」。

1/3ページ

最終更新:1/21(火) 11:58
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ