ここから本文です

ミス日本・小田安珠さん 江戸っ子の18年ミス慶應「令和の時代引っ張る」

1/21(火) 5:59配信

デイリースポーツ

 「第52回ミス日本コンテスト2020」の最終審査が20日、都内で行われ、グランプリに慶大文学部3年の小田安珠(おだ・あんじゅ=21)さんが輝き、応募者2525人の頂点に立った。小田さんは「グランプリと呼ばれた時には、少し夢見心地でした。ここにいる13人で、令和の時代を引っ張れる女性になれるよう努力したい」と語った。東京・日本橋生まれの江戸っ子。身長170センチのスラリとした体形。大学では考古学を専攻し、2018年のミス慶應にもなっている。

【写真】ファイナリストは東大2人、元タカラジェンヌと百花繚乱

 小田さんはアナウンサー志望で、BSフジでは学生キャスターも経験。「バラエティーもぜひやってみたい。なんでも体当たりして『ミス日本でもこんなことやるんだ』と言われたい」と笑顔で明かした。

最終更新:1/21(火) 7:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事