ここから本文です

力いっぱい相撲とったよ 富山・呉羽保育所で相撲大会

1/21(火) 13:43配信

北日本新聞

  大相撲の関脇朝乃山関も通っていた富山市呉羽町の呉羽保育所で21日、「めざせ朝乃山!」と題した相撲大会があり、子どもたちが力いっぱいの取組を見せた。実業団の強豪、アイシン軽金属(射水市)の相撲部員も訪れ、子どもたちと触れ合った。

 全国大会で活躍している同部の黒川宗一郎選手ら3人がぶつかり稽古などを指導。園児から相撲で勝つ方法について問われると「たくさん食べて寝て遊び、先生の言うことを聞いたら強くなれる」と答えた。

 大会は同保育所の恒例行事。15~17日に年齢別、男女ごとに予選を行い、勝ち進んだ園児が21日の決勝に臨んだ。

 他の園児や職員らの声援を受け、元気いっぱいの一番を繰り広げた。

最終更新:2/5(水) 12:38
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事