ここから本文です

JAL、A350に391席仕様 普通席増で繁忙期投入、20年度国内線計画

1/21(火) 18:31配信

Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)は1月21日、2020年度の国内線計画を発表した。羽田-福岡線など幹線に投入するエアバスA350-900型機は、増機することで便数を拡大するほか、本紙既報の通り普通席が多い391席仕様機を、繁忙期を中心に投入する。

 現在のA350-900の座席数は3クラス369席で、ファーストクラスが12席、クラスJが94席、普通席が263席。繁忙期の羽田-那覇線などに投入する391席仕様も3クラスで、ファーストクラスを12席、クラスJを56席、普通席を323席設定する。従来の369席仕様と比較するとクラスJが38席減、普通席が60席増で、全体では22席増となる。

 客席仕様は短期間で変更できる「QCC(Quick Configuration Change)」を採用。JALによると、およそ4日間で変更できるという。また、現在は5機導入しているA350を2020年度に4機追加し、9機体制を構築する。

 JALのA350は、2019年9月1日に就航。最初の路線は羽田-福岡線で、2021年度末までに同路線のボーイング777-200型機を置き換える。2路線目の羽田-札幌線には、冬ダイヤ初日の同年10月27日から、2月1日からは、3路線目として羽田-那覇線にも投入する。

 また、羽田-伊丹線と福岡線に投入している国内線仕様のボーイング787-8型機も増機。現在の3機から1機追加し、4機で運航する。

Yusuke KOHASE

最終更新:1/21(火) 18:57
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ