ここから本文です

渡邊圭祐 『仮面ライダージオウ』をやって気づかされたのは、役者の仕事は「自分との戦い」であること

1/21(火) 23:00配信

エキサイトミュージック

現在放送中の火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系 夜10時)に、新人看護師の仁志流星役で出演している渡邊圭祐。。2018年に若手俳優の登竜門と言える仮面ライダーシリーズ『仮面ライダージオウ』のウォズ役でデビューを飾ったが、実はそれ以前はほとんど演技をした経験がなかったという。そんな渡邊が役者を目指すきっかけとなった地元・仙台での出来事をはじめ、『仮面ライダージオウ』での初めての演技を振り返ってもらうのと同時に、現在そして未来に目指す役者像を語ってもらった。

取材・文/片貝久美子 撮影/山口真由子
ヘアメイク/Emiy スタイリング/岡本健太郎
編集/田上知枝(エキサイトニュース編集部)

■『仮面ライダージオウ』のウォズ役で、本格的な芝居を初めて経験

――渡邊さんは、大学の学園祭で運営スタッフをしていた時に、ミス&ミスターコンテストの審査員にスカウトされて、仙台のモデル事務所に所属することになったのがキャリアを始まりだったそうですね。こういった業界にはもともと興味があったのですか?

興味はありましたけど、それもあくまでもちょっとテレビに出てみたいなっていうくらい。某番組のダーツの旅で第一村人になるとか(笑)。それだけでも、地元で考えたらめちゃくちゃ有名になれますから。こういう業界って、外から見ている側からしたら、すごくキラキラして見える世界じゃないですか。たぶん、憧れない人はいないと思うんですよ。当時の僕もそんな感じで、自分から飛び込もうとまでは思っていませんでした。なので、審査員の方に声を掛けていただいたことは、すごくいいきっかけになりましたね。

――仙台ではモデルとして活動されていたそうですが、そこから役者の仕事に興味を持つようになったのは、いつ頃、何がきっかけだったんですか?

元を辿ると、就活のタイミングですね。周りが就職についていろいろ考え始めるのに対し、僕は自分がスーツを着て会社に勤める姿が想像できなくて。何がしたいんだろう? って考えて、やっぱり好きなことを仕事にしたいと思ったんです。その時はすでにモデル事務所に所属していたので、モデルを続けようと思ったんですけど、ただ続けるのは簡単だと思って、モデルとしての自分のゴールを決めることにしたです。

それがパリコレだったんですけど、パリコレについていろいろ調べてみたら身長が185cm以上と書いてあって、3cm足りないじゃんってなって……。そこで何か、道が1本絶たれた気がしてしまったんです。そんなときに仙台の事務所の人に、行ってみたら?と紹介されたのが、地元の劇団の方が主宰していたワークショップでした。そこで初めて、お芝居って面白いと思ったんですよね。

1/5ページ

最終更新:1/30(木) 0:15
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ