ここから本文です

iOSベータ版にUWB通信のオンオフ設定が追加され、忘れ物防止タグの期待が高まる

1/21(火) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

はやく正式リリースがみたいな。

新たに配信が開始されたiOS 13.3.1(ベータ)にて、U1チップの超広帯域無線(UWB)をオン/オフできる設定が見つかっています。

この機能は、設定アプリのプライバシーの項目から設定が可能です。またこの設定をオフにすることで、BluetoothやWi-Fiなども同時に影響を受けることが説明されています。

このUWB、範囲は狭いのですが正確な空間位置の把握が可能なことから、現時点ではAirDropの機能向上に利用されています。さらに、Apple(アップル)の紛失防止タグへの採用が本命だ…なんて情報もありますね。

ただ今回、このような設定が追加されたのはiPhone 11シリーズにおいて、位置情報サービスをオフにしていても実は位置情報を追跡していた問題が関連しているようです。またAppleは、特定エリアにおいてUWB通信をオフにする必要があることも説明しています。

というわけで、どうやらセキュリティや規制への対応がメインだった今回の機能追加。それでも、いつかAppleから忘れ物防止タグが登場すると信じていますよ!

Source: Brandon Butch/Twitter via MacRumors

塚本直樹

最終更新:1/21(火) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事