ここから本文です

「寂しい、つらい、でも優しい」──「メタルギア」の小島秀夫さんが手掛けた「デス・ストランディング」はどんなゲーム? 漫画でレビュー

1/21(火) 7:05配信

ITmedia NEWS

 前回、運動しながら遊べるNintendo Switch向けソフト「リングフィットアドベンチャー」を紹介した漫画家サダタロー氏ですが、そのときからずっとハマっているのがプレイステーション 4向けソフト「DEATH STRANDING」(デス・ストランディング、通称デススト)。

【漫画全46コマ】

 「メタルギアシリーズ」などで有名なゲームデザイナーの小島秀夫さんが、コナミからの独立後に初めて手掛けたゲームというのもあり、発売時から話題になっていました。

 どんなゲームかをざっくり言うと「山を登りつつ荷物を配送するゲーム」なのですが、これではゲームの雰囲気があまりよく分かりません。

 「デスストとはなんぞや」と思っているあなたに、サダタロー氏が漫画で分かりやすくお届けします。

--

 サダタロー氏は「人の優しさが身にしみる」ゲームだと表現しています。

 確かにゲーム内容は「ひたすらに荷物を一人ぼっちで配送するゲーム」なのですが、新たな場所に配送したときに「カイラル通信」をつなげると、他のプレイヤーたちがその周辺に仕掛けた「橋」や「はしご」「ロープ」「監視塔」といった便利アイテムが現れます。

 他のプレイヤーたち自体が自分の前に姿を現すことはないのですが、アイテムに「いいね」をすることで感謝の気持ちを伝えることはできますし、アイテムが持続するように修復素材を投入することもできます。デスストには素粒子物理学の用語がいくつか出てくることから、「平行世界の同じマップ上にいる味方プレイヤーたち」というイメージなのかもしれません。

 サダタロー氏はこれを「ポジティブなコミュニケーションしかできない仕組み」と捉えており、「ネットコミュ障の自分でもストレスなく遊べる」と評価しています。

 一方、死体から発生する「BT」や、荷物に執着する盗賊団「ミュール」といった敵が出現し、しかも基本的に配送中には味方が全くいないという孤独の中で配送するのがつらいと感じることも。

 ストーリーの要所要所では美麗な映像で物語が展開されます。編集担当Kもデスストを遊んでいますが、「プレイアブルな洋画だな」という印象を受けました。

 こうした特徴を持つため、ゲーム評価サイトでも賛否は分かれているようです。

 「DEATH STRANDING」の意味は「死の絆」。“strand”には「座礁させる」「立ち往生させる」「ロープ」などの意味もあり、それぞれの意味でこの単語が作中の随所に出てきます。

 敵しかいない中を一人ぼっちで配送する、だけどアイテムを通じて平行世界の味方プレイヤーたちの存在も感じられる──「デススト」はそんな独特な雰囲気を感じられるゲームです。

ITmedia NEWS

最終更新:1/21(火) 7:05
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ