ここから本文です

25周年を迎え休刊する『映画秘宝』が2019年度映画ランキングを発表 第1位は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

1/21(火) 12:00配信

ねとらぼ

 創刊25周年記念号にして休刊号となる映画雑誌『映画秘宝』2020年3月号(1月21日発売)にて、映画監督や俳優など総勢175人の映画好きが選ぶ「2019年度ベスト&トホホ10」が発表されました。

【画像】1位に輝いたのは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

 年間映画ランキングで1位に輝いたのは、4年ぶりとなるクエンティン・タランティーノ監督作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演も話題となった同作は、ライター、読者ともに第1位を獲得し、完全優勝という形になりました。全ランキングは以下の通り。

2019年度ベスト&トホホ10

『映画秘宝』が選ぶ2019年度映画ベスト10

1位「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

2位「ジョーカー」

3位「スパイダーマン:スパイダーバース」

4位「アベンジャーズ/エンドゲーム」

5位「アイリッシュマン」

6位「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

7位「マリッジ・ストーリー」

8位「グリーンブック」

9位「ボーダー 二つの世界」

10位「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」

『映画秘宝』が選ぶ2019年度映画トホホ10

1位「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

2位「ターミネーター:ニュー・フェイト」

3位「ジョーカー」

4位「トイ・ストーリー4」

5位「サスペリア」

6位「Diner ダイナー」

7位「アド・アストラ」

8位「アリータ:バトル・エンジェル」

9位「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

9位「新聞記者」

2019年度ベスト・ガイ&ベスト・ガール

ベスト・ガイ1位:ホアキン・フェニックス「ジョーカー」

《投票者コメント》

「彼の存在感あってこその作品。俺たちみんなアーサーなんだよ。」(黒木あるじ・小説家)

「決して“心優しい”男を演じたんじゃない。狂気の勝利を演じたのだ。」(ミルクマン斉藤・映画評論家)

ベスト・ガール1位:マッケンジー・デイヴィス「ターミネーター:ニュー・フェイト」

《投票者コメント》

「あのサラ・コナーと同等以上の存在感は賞賛に値する。」(辻本貴則・映画監督)

「強い肉体、強い心。本年一番の『絶対に助けてくれる人』。」(結城らんな・ライター)

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 12:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ