ここから本文です

『Escape from Tarkov』新たなマップやギアカスタマイズの追加など今後の開発計画が明らかに

1/21(火) 17:30配信

Game Spark

Battlestate Gamesは、サバイバルシューター『Escape from Tarkov』のフォーラムで記載された今後の開発計画をReddit内のスレッドで明かしています。

大きな写真で詳しく見る

開発計画では新しいマップやシステムの実装、サーバーの追加といった情報が公開。また、ゲーム内データをリセットする「ワイプ」のスケジュール予定なども明かされています。


新たなサーバーの追加
先日東京サーバーが追加された同作ですが、新しいプレイヤーの追加に対応するため、新たなマッチングサーバーが追加されます。また、取引などに使用するサーバーの強化や、アメリカやロシアなどプレイヤー人口の多いサーバーのアップグレードも行われます。

<新サーバー追加エリア>
ブラジルチリアルゼンチンメキシココロンビアインドネシア南アフリカmore

Twitch Dropsの再登場
以前行われたTwitch Dropsイベントでは、33万8千人の参加者にゲーム内の価値で1億ルーブルを超えるアイテムが与えられる結果になり、大成功を収めました。今後もTwicthと連動した新たなイベントを企画しているようです。
#EscapefromTarkov @Twitch Drops Event is over! It was amazing and exploding week, so many results and achievements, so many great streams and so much support from the community, so many things to do now and ideas to bring to life. Thank you all for participating! pic.twitter.com/tqEzCzu6tI- Battlestate Games (@bstategames) January 5, 2020
次期アップデートについて
大型アップデートと同時にゲーム内のデータをリセットする「ワイプ」がおこなれることのある同作。次の「ワイプ」は5ヶ月後を予定しているとのことです。また、5ヶ月後にはゲームで最も大きく野心的なマップである「Streets of Tarkov」の実装も予定。他にも重量システムの見直しや、「Steam Audio」と呼ばれる新たなオーディオエンジンなどの追加を随時行っていくようです。

ギアカスタマイズシステム
プレイヤーが装備しているプレートキャリアやリグを、細かくカスタマイズできるようになるシステムが導入予定です。トレーダーで購入できるベストには初期で装備品がない状態になり、プレイヤーは装甲やポーチなどを追加で選択し、カスタマイズすることになります。

装甲板には複数の種類があり、それぞれ種類が選べます。最大の特徴は装甲板が破損した部分だけの修理、交換が可能ということで、危険な部分の守りには高級な装甲を用意するなど幅広いカスタマイズが可能になるそうです。また、背面に装備してプレートを強化するパッドなどの存在も明かされています。


スレッド内のリンクでは、他にも新しいヘルメットや銃器の改造など、新しい装備品の画像がいくつか公開されています。また、新アクションとしてしゃがみリーンの追加などの情報もあり、今後の開発に注目が集まります。ただし、ベータ版ということで計画が大きく変わる可能性もあるとのことです。そのほかの詳細はRedditにてご確認ください。

pic.twitter.com/rTCuvEK7P6- Battlestate Games (@bstategames) January 17, 2020
『Escape from Tarkov』は現在ベータ版を配信中。公式サイトではベータへの参加権を含む各種エディションが販売中です。

Game*Spark Mr.Katoh

最終更新:1/21(火) 17:30
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ