ここから本文です

AKBグループリクエストアワー、HKT楽曲が初の1位 3月にAKB新曲発売、埼玉出身メンバーも大活躍

1/21(火) 13:15配信

埼玉新聞

■【1日目/49位~26位】向井地美音さんら埼玉出身メンバーが随所に登場し躍動

 AKB48グループメンバーが一堂に会するリクエストアワーはファン投票で決定した楽曲を披露するコンサート。今年の対象曲は1246曲で、その上位0.4%にあたる50曲をカウントダウン形式で披露した。

 1日目は49位(2曲が同票数)から26位を発表。49位は渡辺麻友さん(埼玉出身)の卒業曲「11月のアンクレット」が入り、今回はチーム8東京都代表の小栗有以さん(18)がセンターを務めた。47位には毎年上位に顔を出す「アイスのくちづけ」がランクイン。センターで歌った埼玉出身の佐々木優佳里さん(24)は「私はあなたを愛すのみ」というセリフを披露すると、思わず照れ笑いを浮かべた。

 42位にはNGT48「世界はどこまで青空なのか?」がランクイン。センターの荻野由佳さん(20)をはじめ、清司麗菜さん(18)、山田野絵さん(20)ら埼玉出身メンバーも登場した。NGT48は46位「春はどこから来るのか?」、43位「青春時計」の計3曲が入り、楽曲人気の高さがうかがえた。

 AKB48グループ総監督を務める埼玉出身の向井地美音さん(21)は、AKB48各チームのキャプテンと歌う「流れ星に何を願えばいいのだろう」が35位にランクインしたほか、センター曲「だらしない愛し方」(34位)など計4曲に出演しパフォーマンスした。

 MCではAKB48各グループの「最終兵器」を紹介。チームKキャプテンの込山榛香さん(21)が推薦したのは、今月13日の「AKB48グループ成人式」に出席した埼玉出身の岡田梨奈さん(20)。込山さんは「自分のことをよく『地雷』と言ったりするけど、リハーサルなどは率先して誰よりも頑張っている。良くも悪くもチームKのメンバーらしさがある」と評価した。

 初日のトリを飾った26位はAKB48の16期の楽曲「抱きつこうか?」。埼玉出身の安田叶さん(17)ら13人が登場し笑顔でパフォーマンスすると、会場は大きな「16期コール」に包まれた。SNSでは16期の円陣シーンがアップされ、受験勉強中で出演できなかった埼玉出身の黒須遥香さん(18)の名前を叫ぶ様子が公開されるなど、改めて同期の絆を感じる楽曲だった。

1/2ページ

最終更新:1/22(水) 14:02
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ