ここから本文です

広島・奨成、初1軍キャンプ 3年目ついに!今までの悔しさをバネに

1/21(火) 9:00配信

デイリースポーツ

 広島は20日、マツダスタジアムでスタッフ会議を行い、春季キャンプの1、2軍メンバーを振り分けた。3年目の中村奨成捕手(20)は初の1軍スタートが決定。1軍でのプレーを目指して攻守を鍛え抜き、総合力でアピールをしていくことを誓った。新人ではドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大、同2位・宇草孔基外野手(22)=法大、同5位・石原貴規捕手(21)=天理大=が1軍に入った。

【写真】悲壮決意!3年目へ「クビ覚悟して…次の就職先まだ決めたくない」

 表情が緩むことはなかった。3年目で待ちに待った“吉報”。それでも中村奨は「やることは変わらない。精いっぱい頑張るだけ。1軍でそのまま続けていけるようにしていきたい」と気を引き締め、開幕1軍生き残りへ意欲を燃やした。

 首脳陣の期待は大きい。倉バッテリーコーチは中村奨の1軍スタートについて「ノルマをクリアしていたから。(1軍で)見てみようということになった。本人も前に悔しいと言っているのだから、どれだけ悔しかったか見てみたい」と説明。1軍の緊張感や厳しさを体感することでさらなる奮起を願っており、「アピールできなかったら落ちるということ。確実に全員が(2次キャンプ地の)沖縄に行くことはない」と競争心をあおった。

 猛アピールへの準備は万全だ。中村奨は打撃、守備ともにレベルアップを図っており、打撃では「伸び上がる癖がある」という課題を克服するため、全身を使った強いスイングを心掛けている。

 この日の大野練習場での合同自主トレでは、いつもと変わらないはつらつとした動きを披露。ティー打撃や、マシン打撃を行い、汗を流した。熾烈な競争を勝ち抜くため、「去年とは違う自分を見せられたら」とさらなる進化を遂げていく。

最終更新:1/21(火) 9:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事