ここから本文です

激速ブードの夢へ――PCIe 4.0対応のM.2 SSD×4本挿しカードが登場

1/21(火) 6:05配信

ITmedia PC USER

 先週、ASrockからPCIe x16スロットに接続するM.2 SSD増設カード「Hyper Quad M.2 Card」が登場して話題を集めていた。価格は1万3000円前後(税込み、以下同)だ。

【写真】長尾製作所の「オープンフレーム Ver.ATX」

熱が心配だけど魅力的――ASRockのPCIe 4.0対応M.2 SSDカード

 Hyper Quad M.2 Cardは、2019年2月に登場した「Ultra Quad M.2 Card」の後継モデルで、M.2 PCIe SSDを斜めに4本挿せる仕様は共通している。Hyperは新たにPCIe GEN4.0に対応したのが最大の特徴だ。サポートするマザーボードはASRock指定のX299/X399/TRX40チップセット搭載モデルで、ブータブルSSDに指定できる(X299マザーはIntel VROC対応が必須)。

 入荷したTSUKUMO eX.は「PCIe 4.0タイプ4本で激速のブート環境を作れるのが魅力ですね。ただ、PCIe 3.0よりさらに発熱しやすいので、そのへんの処理をうまくやる必要があるでしょうね」と話していた。

 同様に、排熱にテクニックがいると語るショップは多い。「内部の冷却構造がUltraと同じなのが気になりますね。5cm径のファンだけで処理しきれるのか。ヒートシンクも2段占有くらいに大型化してもよかったかも」(某ショップ)とのコメントも聞いた。

 ただし、それでもポテンシャルの高さから注目されており、超ハイエンド構成で組む際の有力な選択肢となっている様子だ。オリオスペックは「プライベート用で25万円以上するRyzen Threadripper 3970Xを選ぶ人も普通にいますし、購入する価格帯の幅が広がっているのは確かですね」という。

Threadripper用のゲーミングマザー「ROG Strix TRX40-E Gaming」も店頭に

 第3世代Ryzen Threadripper対応のゲーミングマザーもASUSTeKから登場している。ATXサイズの「ROG Strix TRX40-E Gaming」で、価格は6万9000円前後だ。

 2.5GbEの有線LANとWi-Fi 6が使える他、Aura Sync RGBをサポートする。M.2 SSDはPCIe GEN 4.0対応ポートが3基あり、うち1基はSATA接続にも対応している。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「3Wayでもx16/x16/x16でフルに使える頼もしいマザーですね。その上でATXサイズにまとめているので、導入しやすいのも魅力です」と高く評価していた。

 また、同社からはカードの長さを197mm、幅も2スロット占有にコンパクト化したGeForce RTX 2070カード「DUAL-RTX2070-O8G-MINI」も売り出されている。価格は5万7000円前後だ。

 CES 2020でIntelから発表された新型のIntel NUC 9 Extremeキットや、Intel NUC 9 Proキットに内蔵できるカードで、GPU温度が55度を下回るとファンの回転が停止する「0dBテクノロジー」もサポートしている。

 続いては、新たに登場したBD-Rドライブを見ていこう。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 10:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ