ここから本文です

レディオヘッド、多様なコンテンツを集めた「Public Library」開館 未公開楽曲も

1/21(火) 11:13配信

ITmedia NEWS

 英ロックバンド、Radiohead(レディオヘッド)は1月20日(現地時間)、「Radiohead Public Library」というコンテンツのオンラインアーカイブを公開した。これまでオンラインで公開されていなかったEPの楽曲や過去のニューズレター、動画、バンドTシャツの販売ページへのリンクなどを含むRadioheadのすべてを公開する“公共図書館”だ。

【その他の画像】

 ライブラリの中に入ると、左上に図書館カードが用意されている。顔写真などを追加してダウンロードすると、バーコード付きの図書カードの画像ファイル(PNG)になる。このバーコードを読み取ると、EUのGDPR(一般データ保護規則)のサイトが開く。

 図書カードの右隣に並ぶ9枚のカラーカードは、これまでリリースしてきたスタジオアルバムを表し、各カードをクリック(タップ)すると関連するコンテンツがまとまって表示されるようになっている。

 バンドのメンバーが日替わりで“司書”を務める予定。20日はコリン・グリーンウッドさんが司書役で、自分でキュレーションしたプレイリストをツイートした。

ITmedia NEWS

最終更新:1/21(火) 11:13
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ