ここから本文です

ヘンリー王子「真実を私の口から…」 王室離脱以外に「選択肢はなかった」

1/21(火) 12:00配信

デイリースポーツ

 ヘンリー王子が英王室離脱以外に「選択肢はなかった」とコメントした。先日、妻メーガン妃と共に王室主要メンバーから退くことを発表していたヘンリー王子が、ロンドンで行われたチャリティイベントに出席した際、今回の騒動が始まって以来初めて自ら口を開いた。

【写真】メーガン妃が女優となるきっかけとなった超有名女優

 先日の王室会議の結果、メーガン妃共々王族への敬称である「ロイヤルハイネス」の称号を失うことが明らかになっているヘンリー王子は、自らが運営する慈善団体サンタバリーのイベントでこう話した。

 「皆さんには、私がお伝え出来る限りの真実を私の口から聞いていただきたいと思います。王子でも公爵でもなく、皆さんの多くが過去35年間成長を見てきたのと同じながらも、もう少し明確な見解を持ったヘンリーとして。イギリスは私の故郷であり、愛する場所です。それは今後も変わりません。私は皆さんから多くのご支援を受けながら成長してきましたし、私がずっと求めていた愛と幸福を見つけたことで、メーガンを快く迎え入れてくださったことも目にしてきました。『やっとダイアナ妃の次男が結婚した、やった!』と。そして、長年私を知ってくださっているので、私が妻と選んだ人が同じ価値観を共有していることはお分かりいただけていることも分かっています」

 「彼女は同じ価値観を持っていますし、私が恋に落ちた時と何も変わっていません。私たちは誇りをもってこの国を背負い、役目を務めるよう出来る限りのことをしています。メーガンと結婚した際、私たちは興奮と希望に満ち、この国に尽くすつもりでした」

 しかし、今回の決断に至ったことについては「深い悲しみを感じている」とし、「ですから、このような状況になったことには、深い悲しみを感じています。妻と私が引退するという決断は、簡単な気持ちで至ったものではありません。長年の苦難と、数か月にも及ぶ話し合いの結果のものです。私が常に正しいわけではないということは分かっていますが、この件に関しては、まさにこれ以外の選択肢がなかったのです。はっきりさせておきたいのは、私たちがあなた方を見捨てようとしているのではないということです。私たちが望んでいたのは、公金を受け取ることなく、引き続き、女王やイギリス連邦、我が国の軍隊や機関に奉仕していくことでした。残念ながら、それは可能ではありませんでした。23年前に母を亡くした時、皆さんが私の面倒を見てくれました。長年私のことを気にかけてくれました。しかし、メディアというのは力強い勢力です。この問題は私たちだけのものではありませんので、いつの日か私たちの互いへの支援がさらに力強いものとなることを願っています」と続けた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:1/21(火) 16:48
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ