ここから本文です

素材生かす炭火焼きステーキ 白浜のダイニング颯

1/21(火) 16:40配信

紀伊民報

 和歌山県白浜町3300、炭火焼き料理の店「炭火ダイニング 颯(そう)」(瀧本貴之店長)がオープンした。「炭火焼きならではの素材のおいしさを楽しんでもらえれば」と瀧本店長。

 炭は、炭の中でも最高級といわれる紀州備長炭を使用している。炭火は強い赤外線を発するため、肉や魚、野菜などの素材のうま味を閉じ込めるという。

 店のおすすめは牛の「炭火焼きステーキ」。部位(ヒレ、サーロイン、ランプ、イチボの4種類)とグラムを選ぶ。グラムは100グラムから50グラム単位で選べる。

 豚肉は宮崎県「はざま牧場」のきなこ豚を使用している。魚介類は、エビ、タチウオみりん干し、サンマみりん干し、するめ一夜干し、焼きめんたいこなど。他に、揚げ物、サラダ、デザートもある。

 クラフトビールを豊富に取りそろえている。季節などに応じて定期的に入れ替えている。今の時期は「496」「よなよなエール」「ジャズベリー」「スノーブランシュ」の4種類。

 ビール、ウイスキー、日本酒、焼酎、酎ハイ、ハイボール、カクテル、ソフトドリンクもある。

 1階はテーブル(4人)が四つとカウンター6席。2階には8人がけの大きなテーブルがある。少人数からグループ、家族連れ、団体まで対応できる。予約歓迎。

 営業時間は午後5時~10時半(ラストオーダー午後10時)。水曜定休。電話0739・34・2218。

紀伊民報

最終更新:1/21(火) 16:40
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ