ここから本文です

M-1決勝進出も「解散しそうなコンビ1位」に…ギャロップ毛利、ナルシスト過ぎて仕事に支障

1/21(火) 19:01配信

テレ朝POST

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

1月20日(月)の放送には、お笑いコンビ・ギャロップが登場。「相方が自分をキムタクだと勘違いして解散寸前に追い込まれた先生」として、“自分が好きすぎて、周りが見えなくならないための授業”を行った。

ギャロップは、林健と毛利大亮からなるコンビ。同期にはNON STYLE、南海キャンディーズ、ピースなど錚々たるメンバーがおり、生徒役でレギュラー出演している平成ノブシコブシの吉村崇も同期にあたる。

“ラストイヤー”でもあった2018年のM-1グランプリでは、決勝に進出。しかしその裏で、“よしもと芸人100人が選ぶ、解散しそうなコンビ”の第1位に選ばれていたことを明かした2人。

そんな不名誉なトップに輝いた背景にあったのは、“毛利が自分のことを木村拓哉だと思っているから”という、衝撃の理由も告白。

実は、毛利は関西一のナルシスト芸人として知られており、芸人でありながらなぜかスター気取り。林はそんな毛利のナルシストっぷりにどう対応したらよいかわからず、相方のことが嫌いになっていき、その結果、本業である漫才が超ヘタクソに。そして解散を決意するところにまで陥っていたと、打ち明けた。

◆ナルシスト毛利の“特徴”

ナルシストすぎるとまわりが見えなくなって仕事にも支障をきたしてしまう、と警鐘を鳴らすギャロップ。

授業の前半は、自分たちの経験から作成したオリジナルの診断テスト“毛利度チェック”を軸に展開していった。

「とにかく自意識過剰」な毛利は、飲み会などの席で“女性がいようものなら、写真週刊誌にスクープされるのが恐いので、タクシー2台に別れて移動”、“顔バレを防ぐべく夜でもでっかいサングラス着用”。

そして“クラブで起きた外国人の喧嘩をラップで止めようとする”という謎の行動までしていたそう。

また毛利は「実績と振る舞いが極端に見合っていない」状態で、キムタクのマネばかりでお笑いに注ぐカロリーはゼロ。

全身を同じブランド物で固めたり、サングラスを3つも持ち歩いて気分で使い分けたり…。さらに自身の見た目を勝手に62点と評価している毛利は、やはり独断でビジュアル32点と判断した林とコンビを組むことで自分を良く見せようとしているという。

この“他人を利用し自分を良く見せようとする”行動は、実はナルシストが良く取る手なのだと、林は力説した。

さらに「何かと名言っぽいことを言いたがる&オリジナルの言葉を作る」のも毛利の特徴。

林によれば、あくまでも名言っぽいだけであり、「刺さらず、長く、面白くない」言葉を吐く毛利。しかも自分オリジナルの“毛利語”まで編み出し、使用しているのだとか。

そして毛利度チェックで、いちばん重要な最後の項目とは「イジると超不機嫌になる」ことだと訴える林。

ナルシストは、「注目されるのは大好きだが、イジられるのは大嫌い」という特徴を持ち、「これが一番大変」だと告白する林に、生徒たちも納得の様子。

そんな、イジられて不機嫌になってしまうナルシストたちへの教訓として「ナルシストなら、せめてイジリに対して寛容であれ」、「イジられてもせめて明るくあってほしい!」という言葉が贈られた。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 19:01
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ