ここから本文です

「断食」で味覚は変わるのか?→そう簡単には変わらなかった:私の5日間の断食録

1/21(火) 14:28配信

メシ通

2カ月ほど前、ダイエットが停滞してたときに、断食道場に入ってみた。
2日半も固形物を食べないのだから当然体重の変化はあるが、それよりも終わったときに何より驚いたのが……
「おいしい」と感じる味や、「お腹いっぱい」という感覚が、今までと違う……!?
私は基本的にジャンクフードも、酒の肴になるような塩気のあるものも大好きだ。チキンラーメンをそのままかじったりもする。

だけど断食道場に入った後、こんな変化が起こった。
・食べ物の素材の味に敏感になり、「今までは調味料を味わっていたのかもしれない……」と思えた
・コンビニ惣菜のこんにゃくの煮物は洗わないと食べられないほど、濃い味が苦手になった
・逆にだしの風味を強く感じられるようになり、薄味の料理をおいしく感じられるようになる
・食べる量を減らしても、足りないと感じない

1カ月も経つと「薄味をおいしく感じられる」という感覚は保ちつつも、素材の味に対する感覚は結構元に戻ってきてる気がする。できることなら、もう一度あの感覚を味わいたい。自宅で簡単にできる方法はないだろうか。
そこで、管理栄養士でファスティング(断食)マイスターの圓尾和紀さんに相談してみることにした。

〈圓尾和紀(まるお・かずき)さん〉
株式会社ふること代表。管理栄養士。“日本の伝統食の良さを活かす古くて新しい食事法”をテーマに活動している。テレビ、雑誌、ラジオなどのメディアへの出演やチャンネル登録者3万人を超えるYoutube番組「カラダヨロコブチャンネル」でも情報発信を行っている。著書に『地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)がある。

「断食で味覚が敏感に」は本当だった

──圓尾さんは「ファスティングマイスター」ということで、断食指導もされてるんですよね? やはり「痩せたい」という方が多く来られるんですか?

圓尾さん:ダイエット目的の方もいらっしゃいますけど、「体質改善したい」「デトックスして身体をスッキリさせたい」という方が多いですね。あとは「仕事のパフォーマンスを上げたい」という経営者の方なんかもいらっしゃいます。

──なるほど。ところで、私が以前断食を試した後、味覚がかなりリセットされたんですが……。

圓尾さん:敏感になりますね。

──味覚を正して、薄味の食べ物でも満足感を得たい場合、断食という方法は手っ取り早いんですか?

圓尾さん:日常の食事を少しずつ薄味に変えることでも味覚を正すことはできますが、それでは時間がかかります。それが断食だと短期間で実感しやすいんです。

1/6ページ

最終更新:1/21(火) 14:41
メシ通

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事