ここから本文です

空自 森林火災オーストラリアへ輸送機C-130H派遣は「震災の恩返し」 深まる日豪関係

1/21(火) 6:08配信

乗りものニュース

オーストラリアの大規模森林火災救援に自衛隊派遣

 自衛隊の隊員と輸送機が2020年1月15日(水)、オーストラリアにおける大規模森林火災の救援活動に派遣されました。

【写真】激しく白煙が上がるオーストラリア南東部の森林地帯 2020年1月14日の様子

 オーストラリアでは2019年9月ごろから、南東部のニューサウスウェールズ州とビクトリア州を中心に森林火災が頻発していました。2020年に入ってもその勢いは衰えず、1月15日の時点で28人が死亡し、東京都の面積の50倍以上にあたる1000万ヘクタールが延焼する事態となっています。

 オーストラリア国防省はこの事態を受け、オーストラリア陸海空軍の統合任務部隊を編成し、消火活動の支援と被災者の救助にあたる「ブッシュ・アシスト」作戦を開始。空軍はC-17A輸送機とC-27J輸送機による消火活動に必要な物資の輸送と、消防航空機の運用サポート、海軍は強襲揚陸艦「アデレード」などによる被災者の救助と物資の輸送、陸軍は消防当局と協力して消火活動や被災者の救助などを行なっています。

 国際社会による支援の動きも広がっており、隣国のニュージーランドとパプアニューギニアは工兵部隊を派遣しているほか、シンガポールは陸軍の工兵隊に加えCH-47輸送ヘリコプターを派遣して、物資の輸送にあたっています。

 冒頭で述べたように、日本も1月15日に開催された防衛会議で国際緊急援助活動の実施を決定し、同日編成された「オーストラリア国際緊急援助空輸隊」のC-130H輸送機2機と隊員は、同日中に航空自衛隊小牧基地を出発。リッチモンド空軍基地を拠点に、消火活動にあたるオーストラリア軍兵士などの輸送を行なっています。

空佐が話した「東日本大震災で受けた恩」とは?

 自衛隊による支援はオーストラリアで好意をもって迎えられており、オーストラリアのニュースメディア「9News」は「本当の友人たち(Friends Indeed)が、日本から来てくれた」と報じています。

 9NEWSはオーストラリア国際緊急援助空輸隊として派遣されている、太田将史1等空佐のインタビューも報じていますが、そのなかで太田1等空佐は「東日本で大震災が発生した際、オーストラリアからの支援をいただくことができました。我々はその恩を忘れません。全力を傾注して任務を遂行したい」と述べています。

 いまから9年前の2011(平成23)年3月11日、日本は東日本大震災という前代未聞の大災害に見舞われました。日本の被害を把握したオーストラリア政府は空軍のC-17A輸送機に救援隊を乗せて派遣し、同機は救援隊の輸送を完了した後も日本にとどまり、被災地で救助活動にあたる陸上自衛隊の隊員や救援物資の輸送を継続しました。

 また3月22日には、東京電力福島第一原子力発電所事故の対策支援のため、中東で任務にあたっていたC-17A輸送機を呼び戻して、原子炉の冷却を行なう高圧放水システムを輸送しています。

 オーストラリア空軍は2011年3月の時点でC-17Aを4機保有していましたが、その時点で運用できるC-17Aのほぼすべてを日本の救援のために派遣し、3月25日に活動を終了するまでの間に、450トンの物資と41両の車両、135名の人員輸送を行なってくれました。

 太田1等空佐の言う「忘れていない恩」とは、東日本大震災におけるオーストラリアと同国空軍の貢献を意味しているものと考えられます。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 15:25
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ