ここから本文です

【2019年時計ランキング】ウオッチナビ読者が選んだ欲しいクロノグラフとは?

1/21(火) 21:10配信

WATCHNAVI Salon

時計専門誌・ウオッチナビが読者に対して毎年実施している「欲しい時計」アンケート。この集計データに基づき、各種ランキングを作成し、発表する。対象の時計は“2019年に国内でリリースされた全時計”だ。今回のテーマは、航空界やモータースポーツの発展と共に進化した歴史と、メカニカルな意匠が男心をくすぐる人気の「クロノグラフ」。有名時計店スタッフのコメントは、ぜひ購入前の参考としていただきたい。

【ナビタイマーの別の画像を見る】

<クロノグラフ5位>ブライトリング「ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 スペシャルエディション」

Ref.S022B-1NP 114万4000円
【航空時計の歴史を物語る永久不変のデザイン】
航空用回転計算尺を世界で初めてクロノグラフに搭載し、初代ナビタイマーは1952年に誕生。現行レギュラーと違って、長らく親しまれたウイングロゴを配し、シースルーバックを採用している。
スペック:自動巻き(自社製Cal.01)。毎時2万8800振動。約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。直径43mm。3気圧防水。
■読者の声
「計算尺を使いこなしてみたい」(茨城・I.Nさん)
「クラシカルな見た目が好き」(大阪・E.Oさん)
「僕はウイングロゴ派。でもシンプルなBロゴ派も多い」(福井・U.Oさん)
■スタッフのコメント
「1952年から変わらないデザインは独自性が高く、存在感抜群のビジュアルです」(TANAKA WATCH GALLERY 久屋大通店/武知雄大さん)

<クロノグラフ4位>ブライトリング「ナビタイマー Ref.806 1959 リ・エディション」

Ref.AB09B-1DAA 105万6000円
【1959年製オリジナルをリアルに再現して話題に】
AOPAロゴのない欧州仕様のウィングマーク、計算尺外周の94個のビーズ装飾など、1959年製Ref.806を再現。風防もヘサライトという徹底ぶりだ。あまりにリアルな復刻ぶりが、高く評価された形である。
スペック:手巻き(自社製Cal.B09)。毎時2万8800振動。約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース。ヴィンテージインスパイアドレザーストラップ。直径41mm、厚さ13.43mm。3気圧防水。世界限定1959本。
■読者の声
「こんな時計を待っていた! というか、店頭に並ぶ前に完売してしまった?」(愛知・I.Iさん)
「2019年一番の新作。もうひと桁、多く作ってほしかった」(岩手・O.Tさん)
■スタッフのコメント
「60年前の初期モデルを完全に再現しています。個人的にも、いま一番欲しいモデルです」(トミヤ メカミュージアム店/河井卓也さん)

1/3ページ

最終更新:1/21(火) 21:10
WATCHNAVI Salon

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事