ここから本文です

全国的に冷たい北風強い 日本海側は午前を中心に雪や雨 太平洋側は晴れて空気乾燥

1/21(火) 5:22配信

ウェザーマップ

 21日(火)は、冬型の気圧配置となり、全国的に北風が強く日本海側では雪が降りやすい天気となり、太平洋側は晴れる見込み。日中の気温はこの時期としては高いものの、冷たい北風で寒くなる見通し。

北陸から北の日本海側はふぶきに注意

 日本付近は冬型の気圧配置となっているため、北陸から北日本にかけての日本海側は、午前を中心に雪が降りやすく、山沿いを中心に大雪となるおそれがあり、落雷や突風に注意が必要となる。ただ、北陸の雪は長くは続かない予想だ。北西の風が強く、東北や北海道の日本海側ではふぶきに注意が必要となる。
 一方、東・西日本太平洋側では晴れる見込み。関東は空気が乾燥するものの、風が強く吹くため、洗濯物はしっかりととめて干した方が良さそうだ。

北日本や関東は前日より低め

 冷たい北風で、日差しがあっても体感は寒くなる見通し。

21日の予想最高気温(前日差)
札幌 -1℃(-2℃)平年並み
仙台 7℃(-3℃)2月下旬並み
東京 11℃(-3℃)2月下旬並み
名古屋 11℃(-1℃)2月下旬並み
大阪 11℃(-2℃)2月下旬並み
福岡 12℃(+1℃)2月下旬並み
那覇 21℃(+2℃)3月上旬並み
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:1/21(火) 5:26
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事